ら・わ行

急行礼文号◆トレインマーク&データ!

急行礼文号の簡単な解説

キハ54系急行礼文◆旭川~稚内という、北海道北部の地方都市間急行として1968年から2000年まで運転されていた列車。急行天北号が初めて設定された時から長きにわたってその編成の一部を間合い使用する形で運転されていた。とはいえ、急行天北号の主編成の使用ではなく、わずか2両の付属編成の方を使用しており、グリーン車を含んでいた天北号(1983年の資料では7両編成)に対し礼文号は自由席のみ2両ということで、運用上のコンビとは思えないほど対照的な列車だった。

なお、2017年3月改正から、同じ区間設定で特急サロベツが走っているが、誕生の経緯はずいぶん異なり、車両不足による区間短縮(特急ライラックと分担)という理由での登場だ。
*** 画像提供:急行つとむ2号様

スポンサーリンク

急行礼文号トレインマーク

◆急行礼文号のトレインマーク

・キハ56系からキハ54系へと、“気動車”での運転で終始一貫した急行礼文号だったが、貫通扉の横幅以上の直径がある立派なトレインマークを掲げていた。

描かれているイラストは海岸のものであることははっきりしているが、中央の独特の岩の形からすると元地海岸(礼文島の南西部)であると思われる。

◆急行礼文号のお役立ちサイトご紹介

【前面展望動画】・・・236分にわたる長大編です
・   ●前面展望 急行 礼文(旭川→稚内)- YouTube

【としの鉄なお部屋】・・・1986年と1995年の急行礼文号の画像を紹介してくださっています。 ●急行「礼文」

◆急行礼文号のデータファイル

【登場前:1961年10月1日】急行天北号の設定時に、準急礼文号も同時設定。

【登場時:1966年3月5日】準急礼文号が急行に格上げ。
・ ●運転区間:旭川~稚内(宗谷本線)  運転本数:1往復  使用車両:キハ56系
【1968年10月1日改正】急行利尻号に愛称統合。一旦愛称が消える。

【1970年10月1日改正】上記列車を急行礼文号として再分離。名称が復活。
【1985年3月14日改正】急行天北号を14系客車に置き換えたため。編成のコンビ解消。
【1986年12月7日改正】新型のキハ54系を投入。通常は2両編成、多客期は3両編成で運行された。
【2000年3月11日改正】札幌~旭川の区間を延長して特急スーパー宗谷号に吸収されたため、愛称消滅。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 快速らくらくトレイン村上号◆トレインマーク!
  2. リゾートうみねこ号ロゴマーク リゾートうみねこ号◆トレインマーク&データ!
  3. 急行六甲号◆データファイル!
  4. 特急雷鳥号・スーパー雷鳥号◆トレインマーク&データ!
  5. リゾートしらかみ号ロゴマーク 快速リゾートしらかみ号◆トレインマーク&データ!
  6. 【ジョイフルトレイン】リゾートビューふるさと号◆トレインマーク!…
  7. 【富良野線】マイタウン列車ラベンダー号◆愛称幕!
  8. 【ジョイフルトレイン】わくわく団らん(サワ座)◆トレインマーク!…

「愛称別トレインマーク事典」で紹介するトレインマークがこの1冊に!  (※すべてではありません)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 急行能登号トレインマーク

ピックアップ記事

  1. 特急みどり号HM
PAGE TOP