【お座敷客車】浪漫号◆トレインマーク!

・スポンサーリンク・
お座敷客車・浪漫号のシンボルマーク ら・わ行
お座敷客車・浪漫号のシンボルマーク

お座敷客車・浪漫号の簡単な解説

◆JR東日本・長野支社のお座敷客車タイプのジョイフルトレインで、1995年11月17日のデビューから12年目の2007年3月まで活躍した。長野支社のお座敷客車と言えば12系の白樺号があったが、老朽化、設備の陳腐化が目立つようになってきたということで、バトンタッチできる列車として登場した。

新しい魅力の実現、楽しむために乗る列車というコンセプトを打ち立て、非日常的な気分になれる列車を目指した列車と言われている。方向性としては近年に多く見られる観光列車たちのそれと近いものがある。

浪漫号・車両概要

14系800番代を名乗る。全車両グリーン車の6両編成で掘りごたつタイプの座席となっている。また、4号車はカーペット敷きのサロン室、1,6号車の両端には展望室がある。

お座敷客車・浪漫号のトレインマーク

お座敷客車・浪漫号のシンボルマーク

お座敷客車・浪漫号のシンボルマーク

この客車には両端部に横長タイプのテールマークがついているが、ここではボディーに大きく描かれているシンボル・サインをご紹介する。

「クラシック・エレガンスの世界」をイメージさせることを意図して、中央に「優しさ」「雅」「エレガンス」「格調高さ」などの意味を込めたローズレッドの女性(令嬢)のシルエットを配置。日傘を持たせているのは「お出掛け=旅」というイメージを表したもの。

車両は2000年に一度リフレッシュ工事が行われ、車体塗装もブラスゴールド&ロイヤルブルーからメタリックゴールドとワインレッドに変更された。2007年に廃止された後、現在にいたるまで長野支社では485系を改造した「彩~いろどり~」号がその役割についている。

お座敷客車・浪漫号の資料

・鉄道ファン1996年2月号P.58~

お座敷客車・浪漫号の現状

すでに解体。

保存

タイトルとURLをコピーしました