【どこトレ・スマホ版】便利な列車位置情報!使い方解説!2019/11

・スポンサーリンク・
鉄道コラム

スマホ版どこトレ・トップページ

2014年の春から開始したJR東日本の運行列車位置情報サービス、「どこトレ」をご存じでしょうか?

その名から容易に想像がつく通り、今どこに列車が走っているのかを教えてくれるサービスです。そのどこトレが対象路線を「12」⇒「39」⇒「43」に次々拡大したのもつかの間、現在では、在来線49路線へ、さらに秋田新幹線山形新幹線及びBRT区間へと拡大。そしてもうひとつ追加した機能は「次の列車情報」が4つ先の列車まで表示されるようになったこと!

というわけでまたまた大きくパワーアップしました。各線区の遅れ事由の表示と、遅延証明書の発行機能も引き続き使うことができます。 PC版解説ページはこちら

スマホ版では縦向きが使いやすいようです。
★スマホ版
⇒ http://doko-train.jp/sp/

★ PC版URLは
⇒ http://doko-train.jp/pc/

どこトレの使い方

◆ トップページ画面(スマホ・タブレット版画面)

どこトレメニュー・トップページを開くと、【全体】にエリア全体のマップが現れ、一番下のブルーの【フッター】には5つのメニューボタンが表示されます。

・左から、【MYリスト】【駅名検索】【現在地最寄駅】【遅延証明】【ヘルプ】の各ボタンです。ちなみに位置情報を許可すれば最寄りの駅が表示されます。

** 表示したい駅を選択する

dokotore-areamapp・最も簡単に選べるのは、マップ上で ●印表示されている駅です。(例:前橋、宇都宮、水戸などがOK。日光、烏山などは×)。

・この部分はタップするだけで選択できます。もしその駅が「複数路線」運転している駅なら、ご自分が知りたい路線を選択するよう、選択画面が現れますのでその中から選びます。

KIMG0118 (480x640)・情報を得たい駅が、●印表示の駅でなければ、「駅名検索(虫メガネのマーク)」をタップします。すると、検索ウィンドーが登場します。そこに駅名を入力します。ここで間違えても【MAPから選ぶ】を押しちゃぁダメですよ。トップ画像に戻ってしまいますから。

◆ 知りたい駅近辺のリアルタイム運行情報

水戸駅・どこトレ・PC版とは大きく異なる点として、地図が常時表示されることはありません。遅延情報の類はとってもコンパクトに左側中段くらいにまとめられています。運行状況はフッターではなく右側に縦表示されます。(画像は2015年のものです)

⇒【左サイド】水戸駅(常磐線)の次の列車情報が上下とも出ています。そして、この日は「一部運休」の情報とその理由が簡潔に書かれています。2016/3より、次の列車情報が4つ表示されるようになり、計画が立てやすくなりました

⇒【右サイド】隣接する3つ先の駅までの列車運行の様子が表示されています。結構いっぱい走っている様子がわかりますね。その列車マーク中のひとつに触れると「ときわ82号上野行き平常運転」と表示されました。こうして、水戸駅での上り特急情報を求めていた人にとっては、一安心ということになります。

⇒【フッター】常時表示されている5つのメニューです。

** 別の情報を求めているなら・・・

・とはいえ、各駅停車の列車に乗りたい人の場合は、その後のことが知りたいはずですよね。そんな人にとって便利な使い方が2つあります。
【1】次の列車がどこまで来ているか確かめられる!
路線の運行状況を示した右半分の部分でドラッグして指を上下に動かすと、右半分がスクロールし、もっと遠い駅の情報が簡単に見られます。

どこトレ・駅時刻表【2】その列車の到着時刻を確認できる!

・ 【左サイド】上方の「運行情報・時刻表▶」というパープルのバー(駅名のすぐ下)の右端をタップすると駅の時刻表が現れます。これを見ると、次にくる列車以外の列車も確認できて便利ですね。(上り・下りのボタンも必要に応じてクリックしてください)。

・この時刻表の素晴らしいところは、臨時列車を含めた「その日の時刻表」が表示されることですね!

・特急・快速などの種別が表示されるとより一層便利になるでしょうね~。常磐線の様に性格がはっきり分けられた特急が2種類走っている区間では、その区別も表示されているとやっぱり便利だと思います。(参考:特急ひたち特急ときわ

◆ MYリストに登録しておく

mylist・この駅がよく使う駅であったり、これから訪問するため「すぐに見つけたい」という駅ならMYリストに登録しておくことができます。合計5つの駅を登録できます。駅名の右端にある + ボタンをタップするだけで登録でき、ページ下にあフッターメニューの左端「MYリスト」のボタンを押すと簡単に表示されます。

例えば、撮り鉄旅行に出かけるようでしたら、その撮影地の最寄駅をMYリストに登録しておくと、お目当ての列車が何分遅れで走っているかが分かったりしますね。

よくあることとして、「トイレに行きたくても行けずにガマンしていたら1時間も遅れていた!」といった悲劇が回避できるんですね~。

スマホ版どこトレだけのボタン

menured・スマホ版とPC版では何か違いがあるんだろうか?と、見比べていたところ、ちょっとボタンのアイコンが異なっていることに気付きました。赤丸内の部分。これはいったいなんなんだろう?

実は、位置情報に基づいて案内される最寄駅のボタンなのです。ですから、我が日本海ファクトリーの事務所にてこのボタンを押すと「陸羽東線・西大崎駅」が表示されます。

dokotore-toppcちなみに、PC版のメニューはこんな感じ。「駅名検索」のボタンが一つ右にずれて、その部分が広域マップボタンになっていますね。

** 広域マップに戻りたい

reset・スマホ版において、広域マップに戻りたいというシーンもあるかもしれませんね。その一番簡単な方法はこちらです。「どこトレアイコンをタップ」。かんたんでしょ。スマホ版ではあのマップ画面がトップページですから。

【次のページは】どこトレの高い精度

タイトルとURLをコピーしました