ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

ラ・マル・ド・ボア(La Malle de Bois)◆データファイル

ラ・マルせとうち号
ラ・マルせとうち号

⇒ ラ・マル・ド・ボァのヘッドマーク事典はこちら

ラ・マル・ド・ボアの簡単な解説

◆ 岡山を起点として瀬戸内エリアを旅する観光列車、ラ・マル・ド・ボァ(La Malle de Bois)。運転日によって異なる3つの運転区間設定でやってきたが、2021年に赤穂線方面で追加。それぞれに名前を持つ快速列車として設定されている。

● 快速ラ・マル せとうち(岡山~宇野)=原則土曜
● 快速ラ・マル しまなみ(岡山~尾道)=原則日曜
● 快速ラ・マル ことひら(岡山~琴平)=祝日・振替休日等

● 快速ラ・マル 備前長船(岡山~日生)=設定はその都度か

の4つの列車である。「備前長船」はサイクルスペース利用不可。

ちょうど、JR東日本の越乃Shu*kura車両で、複数の快速列車が設定されているのと似ている。

ホテルのような高級感のあるフローリングデッキで全体的に落ち着いた内装となっており、各号車にはリクライニングの座席とともに窓に向いたカウンター席(テーブル付き)も設けて景色を楽しみやすくなっている。

ラ・マルせとうち号

ラ・マルせとうち号

現代アート作家の作品展示や、自転車を解体せず積み込めるサイクルスペース、ご当地グッズの車内販売カウンターといった設備がある、独特の列車となっている。パスワード不要のフリーWi-Fiがあるのも嬉しい。

外観に注目すると、窓枠回りを黒い太線で縁どってかばんのように見立てたデザインになっており、旅にまつわる旅情を誘う絵柄や言葉の数々をイメージ。
※画像提供:KOGANETURBO様

ラ・マル・ド・ボアのデータファイル

【登場時:2016年4月9日】運転区間:岡山~宇野
・   使用車両:213系(2両)

【2016年7月1日】運転区間を岡山~高松に変更(金曜中心の運転)
【2016年10月1日】岡山~尾道でラ・マルしまなみ運転開始。
【2017年10月1日】岡山~琴平でラ・マルことひら運転開始。
【2021年7月30日】岡山~日生でラ・マル 備前長船を追加設定。
【】
【】

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました