あきたクルーズ号◆トレインマーク

・スポンサーリンク・
あきたクルーズ号マーク

あきたクルーズ号の簡単な解説

◆ あきたクルーズ号は、秋田港に寄港するクルーズ船の乗客を秋田駅へ、また秋田県内の各地へと案内するために設定された専用列車で、リゾートしらかみ号・旧「橅編成」をリメイクしたキハ48型4両編成で運転している。デザインは「海」「港」「クルーズ船」をイメージしたという。

秋田港に至る路線はJR貨物の所有・管理する路線なので、JR貨物の協力を得て運転することになる。しかも、乗降するためのプラットホームも特別に用意された。2018年4月18日から運転開始した。

あきたクルーズ号のトレインマーク

あきたクルーズ号マークここでは、中間車両のボディーサイドに描かれているロゴをご紹介したい。

シンプルなゴシック系のフォントにアンダーラインが付いていて、錨マークが添えられている。カラーも濃紺一色で、華やかさはないがかえって潔さを感じさせられる。錨のマークは小さく添えられているだけだが、実のところ、先頭車両のボディーサイドには遠くから見てもはっきりわかるほどのイカリが描かれていて、クルーズ客用の専用列車であることが一目瞭然である。

 

タイトルとURLをコピーしました