ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

リニア中央新幹線(L0系)◆データファイル

リニア中央新幹線L0系のロゴマーク ら・わ行
リニア中央新幹線L0系のロゴマーク

⇒ リニア中央新幹線のロゴマーク事典はこちら

リニア中央新幹線の簡単な解説

◆ 東京~大阪という2大都市間を結ぶもうひとつの高速鉄道として計画が進められ、まずは2027年度を目標とした「品川~名古屋」間の建設を実施し、神奈川県相模原市、山梨県甲府市、長野県飯田市、岐阜県中津川市に中間駅を置く計画である。そして2段階目として名古屋~新大阪を結ぶ計画となっている。しかしながら、現時点(2020/10/20)で静岡工区の着工同意が得られない状態が続いており、品川~名古屋間の開通が後ろにずれ込むことが懸念されている。

リニアモーターカーは超電導リニア技術を採用することによって時速500キロを超える営業運転が可能であり、また直線的なルート設定によって約80Kmも短くなることから品川~名古屋は40分で結ばれ、現在の東海道新幹線のぞみ号の半分以下の時間での移動が可能となる。

東海道新幹線と比較すると1編成16両は変わらないがL0系の乗車定員は1000人(東海道:1323人)と約4分の3になっている。また品川~名古屋間に占めるトンネルの割合は86%(同:17%)と大きな違いがある。このトンネル割合の高さが「車窓を楽しめない」という見方につながるのだが、考え様によっては「リニアで約35分がトンネル、そのうち終点到着前5分ほどは降車準備」なのだから北海道新幹線で青函トンネルを通過しているのと大差ないかもしれない。

リニア新幹線L0系のデータファイル

【2013年6月3日】台車を取り付けて5両編成を公開

【2013年9月】7両編成に。

【2014年6月25日】12両編成での試験走行を開始。

【2015年4月14日】1日で4064 kmの走行、24時間走行記録を更新。

【2015年4月21日】603 km/h、鉄道における世界最高速度記録を更新。

【2020年3月25日】改良車950番代の先頭車L22-951(日立製)の報道公開。

【2020年8月17日】950番代の試験走行開始。

タイトルとURLをコピーしました