急行えびの号◆トレインマーク&データファイル!

・スポンサーリンク・
肥薩線急行えびの号HM い~お

急行えびの号の簡単な解説

肥薩線急行えびの号HM◆熊本~(肥薩線・吉都線経由)~宮崎を結んでいた急行列車で、2000年(平成12年)3月12日ダイヤ改正にて姿を消した。

「えびの号」の愛称そのものは1959年(昭和34年)に準急として設定されたのが始まりで、それは最初のブルートレイン20系の登場の翌年であり、えびの号の歴史の長さをうかがい知ることができる。

急行えびの号になったのは1966年(昭和41年)で、博多発着の列車も設定されていた。
特急おおよど号として1往復が格上げされたが、6年半ほどで廃止され、それと同時に急行えびの号の博多直通も廃された。

えびの高原線と急行えびの号

急行えびの号の運転区間となった吉都線~肥薩線とつながる区間は「えびの高原線」という愛称をつけて観光に力を入れたが現在ではその直通列車はなく、代わりに吉都線~吉松~人吉の直通列車が多く設定されている。
そして、吉都線とのつながりが薄くなった吉松から八代・熊本方面へは大畑ループの向こうにあたる人吉から特急くまがわ号と九州横断特急が走るようになっていたのだが、2016年にその両列車とも肥薩線から姿を消し、普通列車いさぶろう・しんぺい号が孤軍奮闘した。そして1年後の2017年春、新たなD&S列車「観光特急かわせみやませみ」が投入されたことに加え、いさぶろう・しんぺい号。の1往復が特急として運転されるという離れ技が見られて今に至る。

急行えびの号のデータファイル

【登場前:1959年5月1日】準急えびの号として熊本~宮崎(肥薩線経由)に登場。

【登場時:1966年3月5日】急行に格上げされて登場。博多・熊本~宮崎。

【1974年4月改正】1往復が特急おおよどに格上げ。

【1975年3月改正】1往復増⇒3往復に。

【1980年10月改正】博多直通を終了。すべて熊本~宮崎に。

【1984年2月1日改正】グリーン車連結を終了。

【1989年3月改正】3往復中2往復が再び博多直通に。座席にリクライニングシート採用。

【1993年3月改正】博多直通を終了。すべて熊本~宮崎に。

【1995年4月改正】都城~宮崎が快速に格下げ。全車自由席の2両編成に。

【2000年3月改正】廃止。

保存

保存

保存

保存

タイトルとURLをコピーしました