【ジョイフルトレイン】わくわく団らん(サワ座)◆トレインマーク!

・スポンサーリンク・
わくわく団らん~サワ座~ ら・わ行

わくわく団らん号の簡単な解説

◆JR西日本・金沢支社のジョイフルトレインで12系を改造したお座敷客車である。12系800番代。元々は公式の愛称のないお座敷列車として運用され「サワ座」との通称で呼ばれていた。その後1993年に、大幅なリニューアル工事を実施し、編成の両端にはガラス張りの展望室を設けたり、4号車をフリースペースのイベントカーとするなどの改良を図り、同時にこの愛称「わくわく団らん」号として活躍するようになった。展望車両の形状は「あすか」に準じたスタイルが採用され、並べると(カラーリングはともかく)非常によく似ていた。
愛称を得てからは約13年、その前からの通算では約24年にわたり活躍した。

わくわく団らん号のトレインマーク

わくわく団らん~サワ座~◆横に長い長方形のスタイルが特徴の愛称幕。背景色はえんじ色の単色だが、文字の形状はワクワク感が感じられるようなファニーなものとなっていた。落ち着きの中にも楽しさを反映したものと言えるのではないだろうか。

タイトルとURLをコピーしました