ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

リゾートビューふるさと号◆データファイル

ひ~ほ

⇒ リゾートビューふるさと号のヘッドマーク事典はこちら

リゾートビューふるさと号の簡単な解説

◆ JR東日本の長野支社管内を中心に活躍するリゾート型車両で、ハイブリッド式のHB-E300系の採用第一号として2010年10月に登場した。以後、長野~(松本)~南小谷で週末を中心に運転されるほか、ナイトビュー姨捨号としての運転も行なわれている。リゾートビューふるさと号-ark

キャッチコピーは「ゆとりとおもてなしのリゾートトレイン」と公表されている。2両一組で運転されていて、その点では青森地区のHB-E300系列車「リゾートあすなろ」と同様だ。ちなみに、秋田地区の同形式列車「リゾートしらかみ(青池編成・橅編成)」は中間車両を2両組み込んだ4両編成なので、やや違った印象を受ける。

リゾートビューふるさと号のフリースペース

JR東日本ののってたのしい列車の多くに採用されているフリースペース。前面展望を楽しめたり、サイドの大きな窓から北アルプスのダイナミックな眺望を楽しめる。

※ 画像提供:歩王のれっつらご~様・つつみだつちお様 ほか

2020年にはアルクマのラッピングも!

リゾートビューふるさと号・アルクマラッピング

アルクマというのは、長野県のPRキャラクター。リゾートビューふるさと号のボディーいっぱいにアルクマが描かれた2020年、コロナ禍の中で明るい話題を振りまいてくれた。

◆リゾートビューふるさと号のおすすめページ

リゾートビューふるさとのデータファイル

【登場時:2010年10月2日】運転区間: 長野~(松本)~南小谷 (往復)
・   使用車両:HB-E300(2両)

【2012年4月20日】長野~姨捨で「ナイトビュー姨捨」の運行を開始。
【2020年4月8日~】コロナ禍による運転休止。
【2020年7月23日】運転再開

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました