【ジョイフルトレイン】リゾートビューふるさと号◆トレインマーク!

・スポンサーリンク・
リゾートビューふるさと号ロゴマーク ひ~ほ

リゾートビューふるさと号-ark

リゾートビューふるさと号の簡単な解説

◆ JR東日本の長野支社管内を中心に活躍するリゾート型車両で、ハイブリッド式のHB-E300系の採用第一号として2010年10月に登場した。以後、長野~(松本)~南小谷で週末を中心に運転されるほか、ナイトビュー姨捨号としての運転も行なわれている。

キャッチコピーは「ゆとりとおもてなしのリゾートトレイン」と公表されている。2両一組で運転されていて、その点では青森地区のHB-E300系列車「リゾートあすなろ」と同様だ。ちなみに、秋田地区の同形式列車「リゾートしらかみ(青池編成・橅編成)」は中間車両を2両組み込んだ4両編成なので、やや違った印象を受ける。

※ 画像提供:歩王のれっつらご~様 ほか

◆リゾートビューふるさと号のトレインマーク

リゾートビューふるさと号ロゴマークこの列車には前面部分にトレインマーク類はつけられていないが、ボディーサイドの乗降口付近にロゴマークが貼られている。信州の山々で見ることができる木々の「葉」をちりばめたシンプルながら可愛いロゴマークに仕上がっている。

 

グリーン系の濃淡のコンビネーション+白・シルバーとなっているボディーカラーにほんの少しの暖色系が入ることでとても華やいだ印象になるのが面白い。

LED表示器も、書体に工夫が見られていて可愛らしい。

◆リゾートビューふるさと号のおすすめページ

タイトルとURLをコピーしました