な行

寝台特急日本海号◆トレインマーク&データ!

寝台特急日本海号のHM

寝台特急日本海号11

寝台特急日本海号の簡単な解説

◆ 大阪~青森を結んできたブルートレイン寝台特急日本海号。 過去には2往復走り、1往復は青函トンネルを渡って函館行きの時代もあったが、2012年3月に多客期の臨時列車となり、その後2013年始めの冬を最後に運転実績がなく、自然廃止となった。こうして45年ほど続いた歴史が幕を閉じた。

・ちなみに、臨時列車化は同じ日本海縦貫線を走った新潟発着の急行きたぐに号と同時であった。定期列車としての最終形は編成もシンプルで、プルマン式A寝台1両に加えベーシックなB寝台車だけで構成された。以前はB寝台だけのモノクラス編成で、新潟行きの寝台特急つるぎと共通運用だったこともあり、臨時化された最後の1年もそうだった。

・日中の特急白鳥号が日本海縦貫線から去った後唯一の「関西~東北直通列車」だっただけに、廃止が残念でならない。(*トワイライトエクスプレスは東北地方に止まらなかっただけでなく、2015年3月で廃止)。 EF81が牽引し、その先頭にヘッドマークが取り付けられていた。時折トワイライトエクスプレス専用カラーの機関車が運用につくこともあった。

寝台特急日本海号-n【スペシャル情報】

寝台特急日本海号に使用された車両のうちB寝台オハネフ25・オハネ25・オロネ24の3両が「ふれあいらんど岩泉(岩手県・岩泉町)」において、宿泊施設として活用されている。当面は1両ごとの貸切のみの対応とのことだが、親しい仲間たちと懐かしさを分かち合うには非常に嬉しい施設だろう。

スポンサーリンク

寝台特急日本海のマーク

◆通常時のトレインマーク

寝台特急日本海号のHM・寝台特急日本海号は、名前の通りほとんどずっと日本海沿いを走ってゆくブルートレイン。その間電化方式が直流、交流、直流と、コロコロと変わるため、牽引する機関車は交直両用のEF81だ。引退までの最終仕様においてこのヘッドマークをつけて走る機関車はこの1機種。
・ブルー基調のヘッドマークとローズピンクのEF81機関車との愛称は良く、以前から人気があったがブルートレイン自体が貴重な存在になってからは特に大勢カメラを構える鉄道ファンの姿が沿線各地で見られた。

・時代をさかのぼると、湖西線を走るようになる前は東海道本線をEF58に牽引されて走っていたこともある。また、EF81でもトワイライトエクスプレス専用色の機関車に牽かれたこともまだまだ記憶に新しい。
寝台特急日本海号-t
・寝台特急日本海号のテールマークは、ブルートレインのテールマークとして非常に多いカラーコンビネーション、すなわち背景がブルー・文字が黄色・プラスアルファのデザインが白系で構成されたものだ。ほかにそうした配色をしている列車の代表例としては、寝台特急はくつる紀伊彗星さくら寝台急行銀河などがある。寝台特急なは号などもそれに準ずる配色のデザインだ。
・このテールマークと丸いヘッドマークとの差異は少ないが、文字の配色と、★印、そしてローマ字表記の有無など、幾つかの違いはある。

◆臨時寝台特急日本海のトレインマーク

寝台特急日本海号-t3
・ここでいう臨時寝台特急日本海とは、定期運転終了後のものではなく、全盛期に増発されていたころのもの。

ページの初めの方に出ている「背景がブルーのもの」は583系電車を使用した臨時特急日本海のもの。また、背景が白い方は、臨時特急として20系客車が使用されていた頃のものだ。どちらにも共通して感じるのは「慌てて作った」感たっぷりの手作り風トレインマークだということ。臨時の客車寝台が華やかだったころなので、運用を組むだけでも大変だった頃だろう。そこで払われた精いっぱいの努力の跡は、不恰好ながら見ていて楽しい。

 

◆寝台特急日本海号の画像集

寝台特急日本海号102012年3月に臨時化されるという新聞報道が出て、カウントダウンが始まった12月の寝台特急日本海。ローズピンクのEF81 101号機が牽引する寝台特急というシチュエーションももうわずかという頃。 余談だが、この上りの日本海号が青森駅に入線する際は、上野駅名物の「推進運転での入線」や東京駅でその昔見られたような「機回し作業」などは行われず、DE10が編成全体を牽引し、EF81を最後尾にして入線してきた。

・青森駅3番線に入線した上りの寝台特急日本海号。DE10に牽かれてやってきた後、DE10だけ外されて出発のスタンバイ。この日の電源車はひげ付き・ 下ライン付きの非貫通型だった。数あるブルートレインの中でも最後まで残っていたプルマン式解放A寝台オロネ24。通常の窓の上にある小窓が特徴。かたく なに白いラインを貫いている「過去の遺物」の雰囲気たっぷり。ed79・寝台特急日本海
寝台特急日本海号13
・青函トンネルの開通からしばらくの間は北海道へと渡り、函館と大阪を結んでいた日本海1・4号。その先頭に立ったのはED79。札幌まで達するその他の寝台特急とは異なり、DD51が牽引する勇姿を見ることはなかったが、ヘッドマークを掲げてこうして走っていた姿もなかなか堂々たるものだった。
寝台特急日本海号14 寝台特急日本海号2
・出発を待つ日本海1号。大阪駅9番線にて。1982年。当時は編成全体の向きが今とは逆だった。

寝台特急日本海号5 寝台特急日本海号6
・左は京都駅6番線に到着した上りの寝台特急日本海4号。撮影したのは1981年。この頃、大阪発のブルートレインの機関車にヘッドマークはついていなかった。右は大阪駅3番線に到着した上りブルートレイン日本海(おそらく2号だったと記憶)。1986年の、特急まつかぜ号(既に廃止)絵入りヘッドマーク車と並んでいる貴重な写真。

寝台特急日本海号7 寝台特急日本海号8
・左の写真では使用された24系25形は銀色の帯であり、こちらもしっかりきれいに統一されている。電化されて間もない頃の福知山線車両と並ぶ姿が見られる。右は24系24型車両のみを使用した、白帯の編成だった。 まだこの頃は客車の数も非常に多かった頃で、現在のように「状態の良い車両をごちゃ混ぜに組み合わせる」ようなことはほとんどなかった。

寝台特急日本海号9
・ 雨どいが内蔵されていない外付きの車両。最後尾の車両は列車全体のひとつの「顔」なのだから、あまり不恰好なものは取り付けないでほしい。それでも、そんな雨どいの上から白帯がしっかり巻かれているのはひとつのこだわりというべきなのだろうか・・・。
・過ぎ去る景色を最後尾で眺めながら旅することができるのもブルートレインならではの旅情の楽しみ方だろう。ただし、14系とは異なり青森側の最後尾は電源車なので入ることはできない。(画像提供:YOMPAQ様。無断使用お断り)

寝台特急日本海号3寝台特急日本海号4
・トワイライトエクスプレス専用塗装の機関車がブルートレイン日本海号の先頭に立つこともあった。しかし基本的にはEF81オリジナルカラーであるローズピンクの機関車が今でも先頭に立っている。 ちなみに、寝台特急北斗星の牽引車としてのEF81は似た色ではあるがローズピンクではなくもっと濃い赤の塗装で、流れ星マークがついている。(画像提供:YOMPAQ様。無断使用お断り)

◆お役立ちサイトご紹介

★【鉄道模型製作用参考写真集・・・編成単位ではなく、1車両ごとのサイドビューをとらえた写真集。大きな画像データなので細部に至るまで見て確かめることができる、非常におすすめのサイト。 ●寝台特急日本海 寝台特急日本海(逆サイド)

★【トレインブックス・国鉄型車両図鑑・・・形式写真を専門に撮っていらっしゃる方のサイトです。斜めからのアングルで、前面や台車周りを含めてみることができます。 ●EF81 106 オハネフ25 40 オハネ24 51 オハネ24 54

寝台特急日本海号12座席探訪・・・列車内の様子を解説してくれているわかりやすい写真集。車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。おすすめです。 ●寝台特急日本海

★【裏辺研究所・・・国鉄時代から現在までに運転された、様々な列車たちを解説しているサイト。 ●寝台特急日本海

★【列車愛称別編成表~「旧型客車のページ」より~・・・「客車」の列車たちにスポットを当てて、その編成と車両の姿をイラスト付きで紹介してくれる、たいへんおすすめのサイト。 ●製作ご予定中

★【鉄道特選動画集・・・「愛称別」に列車動画をまとめたサイト。 ●寝台特急日本海

◆寝台特急日本海号のデータファイル

【登場時】1968年10月1日改正で寝台特急としての日本海号を新規設定。
・  ●運転区間:大阪~青森  運転本数:1往復  使用車両:20系客車(青森運転所所属)
【1969年12月6日】寝台特急日本海北陸トンネル列車火災事故が発生。
【1975年3月10日改正】湖西線開業により湖西線経由に変更。
・          14系寝台客車(早岐客貨車区所属)に車両変更され、食堂車の連結を廃止。
・          14系座席車使用の季節列車1往復を追加設定。2往復に。機関車のトレインマーク省略。
【1976年3月15日改正】季節列車の「日本海」の使用車両を24系25形客車(宮原客車区)に変更。
【1978年10月2日改正】季節列車の「日本海」が定期列車に変更。24系客車・24系25形客車各1往復に変更。
【1982年11月15日改正】A寝台車の連結を廃止。24系客車を24系25形客車に変更。
・          2往復とも同形式(宮原客車区所属)となる。
【1984年2月1日改正】日本海2・3号の受持ちが青森運転所に変更。
【1985年3月14日改正】機関車のトレインマークを再び取り付けるようになる。
【1986年の夏季期間】日本海1・4号にマニ50形を連結してオートバイを搬送する「日本海モトとレール」の運転を開始。
【1987年4月1日改正】(=JR発足)日本海1・2号をJR西日本、日本海3・4号をJR東日本が各客車の管轄となる。
【1988年3月13日改正】日本海2号をJR東日本、4号をJR西日本が管轄するように入れ替え。
・          日本海1・4号を函館まで運転延長。 日本海3・2号に開放式A寝台車を連結するようになる。
【1990年9月1日改正】3号・2号の編成を方向転換。青森寄りに電源車となる。
【1998年8月夏季期間】日本海モトとレールがこのシーズンで終了。
【同年 12月1日改正】日本海1・4号にA寝台個室(シングルデラックス)を連結開始。
・          (寝台特急瀬戸の285系電車化による余剰車を活用してのもの)
【2006年3月18日改正】日本海1・4号を大阪~青森間に区間短縮
【2008年3月15日改正】日本海2・3号を廃止。残った1往復の客車は青森車両センター所属。
【2012年3月17日改正】臨時列車化。
・   ●運転区間:大阪~青森  運転本数:1往復  使用車両:24系・24系25形客車・EF81

関連記事

  1. 急行能登路号トレインマーク 急行能登路号◆トレインマーク!
  2. 急行のりくら・名古屋駅 急行のりくら号◆トレインマーク&データファイル!
  3. 新特急なすの号トレインマーク 新幹線なすの号・特急なすの号◆トレインマーク
  4. 急行ニセコ号トレインマーク 急行ニセコ号◆トレインマーク&データファイル!
  5. 特急南紀号・トレインマーク 特急南紀号・ワイドビュー南紀号◆トレインマーク!
  6. 急行能登号トレインマーク 急行能登号◆トレインマーク&データ!
  7. 観光列車ながら号ロゴマーク 【長良川鉄道】観光列車ながら号◆トレインマーク
  8. ニセコエクスプレス 【ジョイフルトレイン】ニセコエクスプレス◆トレインマーク

Twitter でのつぶやき

カテゴリー

特急たんば号のトレインマーク
  1. 甲信エクスプレス号のトレインマーク
  2. ななつ星in九州のエンブレム
  3. n700系みずほ号トレインマーク
  4. いさぶろう・しんぺい号
  5. 左沢線のロゴマーク
  6. 特急有明ヘッドマーク
  7. 北海道ワイド周遊券
  8. いい日旅立ちDISCOVER JAPAN 2ロゴマーク

ピックアップ記事

  1. サンライズ出雲285系
  2. お座敷電車やまなみ号のトレインマーク
  3. 寝台特急明星号トレインマーク
  4. 特別快速なのはなDX号トレインマーク
  5. 特急ゆふ号トレインマーク
  6. 寝台特急金星号のトレインマーク
  7. 特急まいづる号トレインマーク
  8. 急行ニセコ号トレインマーク
PAGE TOP