ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

ニューなのはな号◆データファイル

ニューなのはな号の愛称表示幕
ニューなのはな号の愛称表示幕

⇒ 485系ニューなのはな号のヘッドマーク事典はこちら

ニューなのはな号(お座敷電車)の簡単な解説

◆JR東日本・千葉支社のお座敷タイプのジョイフルトレイン、ニューなのはな号。先頭車両を見ても形式は見当がつきにくいが485系の改造車両である。お座敷電車とはいうものの、ボックスタイプのクロスシートにも転換できる構造を持つ多目的車両であるところが興味深い。

千葉支社にはこの車両の前に、165系なのはな号というお座敷電車が存在したが老朽化したため、1998年1月にバトンを受けてニューなのはな号がデビューした。種車は485系1000番代とはいうものの、床下機器などを種車から引き継ぎ車体は新製したものだ。

車両番号は、クロ485、モロ485、モロ484、クロ484のいずれも、485系を改造したJR東日本のジョイフルトレイン4種からの連番となっている。(シルフィード、リゾートエクスプレスゆう

ラストランは2016年9月25日津田沼駅をスタート、総武本線・中央本線・篠ノ井線・信越本線経由で長野駅までのいわば自力で廃車回送コースを走るのを営業運転とした形だ。

ニューなのはな号のデータファイル

【登場時:1997年12月】運転区間: JR東日本・千葉支社中心
・   車両形式:485系(6両全車グリーン車)

【1号車】クロ484-5
【2号車】モロ484-9
【3号車】モロ485-7
【4号車】モロ484-8
【5号車】モロ485-6
【6号車】クロ485-3

改造車なのに若番が多いことに気付く。その理由の一つは通常グリーン車は付随車(サロ)であることが多いためモロという形式が一般的でないことが挙げられるだろう。また、485系一族の場合「制御車(クロ)も481または480の形式が基本であり、クロ485やクロ484という車両は標準型ではなかったからだ。

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

ニューなのはな号(お座敷電車)のラストランについて

2016年8月での引退が発表されてラストランは8/28の「ありがとうニューなのはな南房総乗りつくしの旅号」となる予定だったが、前述の通り廃車回送を営業運転としたので9/25日まで1ヶ月延命した。

保存

タイトルとURLをコピーしました