ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

SLニセコ号◆データファイル

急行ニセコ ⇒臨時特急ニセコはこちら

⇒ SLニセコ号のヘッドマーク事典はこちら

SLニセコ号の簡単な解説

DL/SLニセコ号 ◆札幌~蘭越を結んで2014年秋まで運転されてきたSL列車で、C11が旧型客車を牽引して運行された。

ただし、小型のC11による運転なので石炭積載量に限界があることや、速度の面でも札幌~小樽間などでその他の列車に影響が及ぶ可能性が高いことから、ディーゼル機関車による牽引が一部区間で行なわれていた。したがって、SLを先頭にした姿を見たいと思うなら小樽より倶知安方面で見る必要があった。(画像提供:タケチャン様・ほか)

◆SLニセコ号の画像集

去りゆくSLニセコ号SLニセコ号のC11

使用されるC11 207は左右2等式という珍しい形状で人気の蒸気機関車だ。しかし、「安全装置」の向上を優先事項として掲げているJR北海道にあってその保安装置の取り付けが難しいこの機関車を札幌・函館などの都市圏で使用することが難しいという判断から、2015年以降の運転は行われないまま、関東の大手私鉄「東武鉄道」に譲渡されることになった。

C11-171によるSLニセコ号

北海道デスティネーションキャンペーン時の14系編成

・・・・・・・・・・・・・・

今後の北海道では、C11 171号機が唯一の現役機となり、釧網本線のSL冬の湿原号は当面の存続は決定されているようなのでそちらを楽しみたい。

(画像提供:タケチャン様

追記:きっぷのルール上は青春18きっぷも使用可能だが、発売時期と運転日が重ならなかったと思われる。

SLニセコのデータファイル

【登場時:2000年4月1日】運転区間: 札幌~蘭越 (往復)
・   使用車両:C11-171 旧型客車(4両)

【2000年10月7日】C11-207も運用につくようになる。
【2012年】北海道デスティネーションキャンペーンに伴い14系で運転。
【2014年11月3日】廃止。

← 札幌
1号車 スハフ42 2261
2号車 オハシ47 2001
3号車 オハフ33 2555
4号車 スハフ42 2071 蘭越→

※2号車はカフェカーで他は普通車指定席。

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました