シュプール号(JR西日本)◆トレインマーク

・スポンサーリンク・
シュプール号のヘッドマーク さ行
ボンネット型のスキー専用列車と言えばこれが代表格!

シュプール号(JR西日本)の簡単な解説

◆ 大阪・姫路~黒姫を結んだスキー向け列車、シュプール号。シュプール●●と、地名が続く名称のスキー列車も数多く登場したが、この列車は単純に「シュプール」号だった。どちらかと言えばスキーブームがやや下火傾向に入ってからの登場という印象だ。

2002年12月26日運転開始で583系・485系が使用されたが、583系の編成中に485系を混結して運転したものもあったようだ。2006年3月10日までの運転で4回のスキーシーズンにわたって活躍したと言える。後半は姫路発着の設定はなく、大阪発着だった。

2019年に京都鉄道博物館において489系を白山色にラッピングする企画があり、その車両のヘッドマークの一つとしてシュプール号のマークが掲げられ、話題になっている。

シュプール号のヘッドマーク

ピンク色の背景がとっても鮮やかなのに加え、JR西日本が使用している雪だるまのキャラクターがかわいいのでインパクト抜群だった。このボンネット型用の他に485系300番代(1000番代など)のタイプや583系用のマークもあった。

タイトルとURLをコピーしました