ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

【長野電鉄】2100系・スノーモンキー◆データファイル

さ行
スノーモンキー2100系

⇒ 長野電鉄スノーモンキーのヘッドマーク事典はこちら

長電・スノーモンキーの簡単な解説とロゴマーク

◆ 長野電鉄の長野駅~湯田中駅を結ぶ特急として運転される2100系電車はかつてJR東日本において特急成田エクスプレスに使用された車両で、2011年に転入してからはスノーモンキー(SNOW MONKEY)という愛称で知られている。

長野電鉄2100系スノーモンキー

それは湯田中駅のさらに先にある「地獄谷野猿公苑」において見ることができる、野生のニホンザルが温泉に入る姿が見られ、外国人観光客からも「Snow Monkey」として注目されていることにちなんだものである。運転席窓下に書かれているNERは「Nagano Electric Railway」の略である。

長野電鉄には現在、ほかに2006年に転入してきた元小田急ロマンスカーHiSEの1000系も走っているが、スノーモンキーと呼ばれているのは2100系だけである。

余談だが、同じように元成田エクスプレスの253系車両の生まれ変わった例としては特急日光特急きぬがわがある。カラーリングが大きく変更されたそれらの列車よりも、この写真に写るスノーモンキーの方がNEX時代の面影を色濃く残している。

スノーモンキーのデータファイル

【登場時:2011年2月26日】運転区間:長野~湯田中温泉
・   使用車両:2100系(両)

・・・・・・・・・・・・・・
【車両】E1編成・E2編成の2編成・各3両の合計6両在籍している。

← 湯田中 【クハ2150形】-【モハ2100形】-【デハ2110形】 長野 →

種車となったのは

●E1・・・(クロハ253-6)-(モハ253-18)-(クモハ252-18)

●E2・・・(クロハ253-7)-(モハ253-19)-(クモハ252-19)

である。

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました