【長野電鉄】2100系特急型電車・スノーモンキー◆ロゴマーク

・スポンサーリンク・
長野電鉄2100系スノーモンキーのマーク さ行
長野電鉄2100系スノーモンキーのマーク

長電・スノーモンキーの簡単な解説とロゴマーク

長野電鉄2100系スノーモンキーのマーク

長野電鉄2100系スノーモンキーのマーク

◆ 長野電鉄の長野駅~湯田中駅を結ぶ特急として運転される2100系電車はかつてJR東日本において特急成田エクスプレスに使用された車両で、2011年に転入してからはスノーモンキー(SNOW MONKEY)という愛称で知られている。

それは湯田中駅のさらに先にある「地獄谷野猿公苑」において見ることができる、野生のニホンザルが温泉に入る姿が見られ、外国人観光客からも「Snow Monkey」として注目されていることにちなんだものである。

長野電鉄には現在、ほかに2006年に転入してきた元小田急ロマンスカーHiSEの1000系も走っているが、スノーモンキーと呼ばれているのは2100系だけである。

タイトルとURLをコピーしました