快速シーハイル上越号◆トレインマーク!

・スポンサーリンク・
さ行

快速シーハイル上越号の簡単な解説

◆ 大宮~石打を結ぶ、スキーシーズン専用の季節快速列車で、2016年初めの冬まで設定されてきた恒例の列車だった。最後のシーズンは全車指定席扱いとなった。使用車両は2014年から現在まで185系、2004年~2013年が183系、それ以前は165系だったようである。

この方面のスキー客用列車としてはかつて特急新雪号が走っていた。1987年を最後に廃止されてしまった後ずいぶん経って、始発駅こそ異なるもののこの快速シーハイル上越号として活躍を続けている。ちなみに、愛称の「シーハイル」とは、スキー万歳という意味で、スキーヤーどうしのあいさつの言葉だという。ちなみに、2004年頃まではシーハイル両毛号が佐野駅発着で設定されていて、姉妹列車のような存在だった。

◆快速シーハイル号・一日限りの復活~初の189系で!~

2017年2月4日、一日限りの団体列車として復活運転することになった。運転区間は上尾~越後湯沢で、初めての189系による運転。ただし、ヘッドマークには「団体」と表示され、イラストマーク表示はなされないようなので過度の期待はしない方が良いだろう。

◆快速シーハイル上越号のトレインマーク

快速シーハイル上越号ヘッドマーク2014年初めの冬からは185系200番代が運用に就き、「臨時快速」などといったヘッドマーク表示になっており、ごく一般的な扱いの列車となってしまったが、それは東海道本線の臨時快速列車「ムーンライトながら号」と同様である。

しかし、2013年初めの冬までは183系電車での運転で、専用のイラストヘッドマークが表示されていた。濃紺と白をベースにしたはっきりとしてコントラスト、赤で書かれた列車名、その組み合わせはこの列車であることを認識しやすく、良いデザインのものだったと思うが、車両の変更と共に過去のものとなり、非常に残念に思う。

2003年までの165系時代について補足すると、ヘッドマークを使用した実績は確認できなかった。時を同じくして引退した165系ムーンライトにはヘッドマークがあったので、その点では183系時代が最も充実して時期だったと言えるだろう。

保存

タイトルとURLをコピーしました