WEST EXPRESS 銀河◆ヘッドマーク~いよいよデビュー(時刻表付き)~

・スポンサーリンク・
WEST EXPRESS 銀河号のヘッドマーク い~お
WEST EXPRESS 銀河号のヘッドマーク

WEST EXPRESS 銀河号の簡単な解説

◆ ウエストエクスプレス銀河号は、クルージングトレインであるトワイライトエクスプレス瑞風号とは別ジャンルの「お手頃・リーズナブルな夜行列車」として設定できる車両として開発された。1980年代に京阪神を新快速として第一線で走っていた117系を改造して作り上げられた。2020年5月8日(金)に運行を開始する予定だったがコロナ禍の影響により延期されていた。9月11日、逆境の中でのデビューとなる。

運行頻度は京都・大阪~出雲市で週に2往復程だという。列車の運転時は沿線の特産品の販売や伝統芸能の披露など、車内外で様々な「おもてなし」が行われる予定。

「銀河」という名称が含まれているが、東京~大阪を結んでいた寝台急行銀河号の現代版というようなビジネス客を主な対象とした位置づけではなく、「乗ることが目的の列車」だ。車体カラーの瑠璃紺(るりこん)色は、西日本が誇る美しい海や空を表現しているという。

株式会社イチバンセン代表の川西 康之氏がデザインを担当した。川西氏はえちごトキめき鉄道の観光列車「雪月花」のプロデュースでも知られている。

初期設定の運行形態は・・・

現時点で分かっている情報としては、まず夜行特急として運行し、下りは京都~出雲市、上りは出雲市~大阪を走る。

「ウエストエクスプレス銀河」下りの時刻

京都発21:15 ⇒新大阪22:07~22:17 ⇒大阪22:21~22:28 ⇒三ノ宮22:50~22:51 ⇒神戸22:53~22:55 ⇒西明石23:12~23:15 ⇒姫路0:40(月曜発)/23:48(金曜発)~0:42 ⇒生山6:02~6:34 ⇒米子7:46~7:56(月曜発)/8:18(金曜発) ⇒安来8:04(月曜発)/8:26(金曜発) ⇒松江8:45~8:48 ⇒玉造温泉9:01~9:02 ⇒宍道9:15~9:17 ⇒出雲市9:31着。これらはクルーズトレインとしての運行ではないので立ち寄り駅という位置づけではなく自由に目的地または出発点とできる駅である。

「ウエストエクスプレス銀河」上りの時刻

出雲市発16:00 ⇒宍道16:15~16:16 ⇒玉造温泉16:27~16:30 ⇒松江16:37~17:05 ⇒安来17:27~17:29 米子17:38~17:48 根雨18:25~18:58 備中高梁21:25~22:00 ⇒神戸5:46~5:47 三ノ宮5:50~5:51 ⇒大阪着6:12。

このゆったり度合いだが、経路こそ違うものの出雲市と大阪を結んでいた夜行急行だいせんと比較するとよくわかる。上りで比較するが、「ウエストエクスプレス銀河」は14時間、急行だいせんは9時間半ほどであった。こうして考えると、この列車は「先を急ぐ人」ではなく「時間を楽しむ」または「乗ることが目的」の人のための列車だと言えよう。また、機関車牽引の客車でなく「電車」であることも含め「揺れて眠れない」ということはかなりの程度解消されているのではないだろうか。

あと、特に上りの時刻で感じることだが、通勤通学のラッシュに干渉しないようにかなり早い時間に到着となっている。ビジネス向きの列車なら朝食時間を残すちょうどよい時間設定だが、観光に特化した列車ならもう少しゆったりと寝ていたいのではないだろうか。

Simplicity | 内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマ

時期ごとに変わるウエストエクスプレス銀河の運転区間

夜行運転の実施後しばらくすると、大阪~下関を走り昼行の特急列車として設定する。そして、その後はまた別の区間が設定されるという。

ウエストエクスプレス銀河号のヘッドマーク

WEST EXPRESS 銀河号のヘッドマーク

ウエストエクスプレス銀河号のヘッドマーク

 

西日本エリアの魅力的な地域を「星」に見立て、その星々の間を列車が移動する様子を曲線でデザインすることで、「ウエストエクスプレス銀河」が魅力的な地域とお客様を結ぶ列車であることを表現しています。

この列車はずっと一定の区間だけに設定されるのではなく、山陰であったり、山陽であったり、と期間ごとに変わっていくということなので、そういう意味でもぴったりの名称&マークと言えそうだ。

タイトルとURLをコピーしました