びわこ周遊さくら号◆トレインマーク

・スポンサーリンク・
びわこ周遊さくらHM
関西地区ではよく知られた存在だったイベント列車。

びわこ周遊さくら号の簡単な解説

◆ びわこ周遊さくら号は国鉄末期の1980年代前半に時折設定されたイベント列車。大阪発着で東海道線・北陸線・湖西線のびわこ周遊ルートで愛称そのままの設定だった。

おもに485系を使用して運転され、先頭車両で言うとボンネット型・非貫通型などが運用についたことが確認されている。面白いのは、ボンネット型の時に「びわこ周遊」だったのに非貫通型のヘッドマーク表記は「琵琶湖周遊」と漢字表記になっていたようだ。

その後、サロンカーなにわ編成を使用した客車編成のびわこ周遊さくら号が運転されたこともあるらしい。

びわこ周遊さくら号のヘッドマーク

びわこ周遊さくらHM水色の背景に桜の花が大きく描かれているマークはダイナミックで見栄えがする。イベント列車でありながらここまで立派なトレインマークが用意されていたのは、かなりの力の入れようだったことがうかがえる。

ただ、珍しく思えるのは「さくら」の文字が赤いこと。やはり、「赤字」をイメージさせるからか、列車名を赤で表記することはあまり多くない様で、定期特急列車ではわずか数例ではないかと思われる。

余談だが、その数例に含まれる特急かもめ特急ひだなどはそれぞれ地方を代表する列車に育っている。

タイトルとURLをコピーしました