【東武鉄道】100系特急スペーシア◆ロゴマーク

・スポンサーリンク・
東武スペーシア「サニーコーラルオレンジ」ロゴマーク さ行
東武スペーシア「サニーコーラルオレンジ」ロゴマーク

東武100系スペーシアの簡単な解説

東武鉄道100系スペーシア

東武鉄道100系スペーシア

◆ 東武鉄道の、スペーシアとして知られる100系電車は、浅草と日光・鬼怒川温泉を結ぶ路線を中心に活躍する特急用車両。JR東日本との乗り入れ関係にもある。1990年に登場し、1991年のブルーリボン賞を受賞している。先代特急車両である1720系・DRC(デラックスロマンスカー)と同様、貫通扉のない流線形のスタイリッシュな形状でも知られる。

東武100系スペーシア・ゴールド

東武100系スペーシア・ゴールド

 

現在はすべての車両がリニューアル工事を実施し、2011年12月29日から105編成「雅」が営業運転開始したのを皮切りに、「粋」、「サニーコーラルオレンジ」の3つのタイプのカラーリングになっていった。2012年8月27日をもってリニューアル工事は完了している。

その後、2015年4月18日からは金色をベースに黒とオレンジを組み合わせたデザインのものも登場した、「サニーコーラルオレンジ」の編成が2編成塗り替えられたようだ。

東武100系スペーシアのロゴマーク

東武スペーシア「雅」ロゴマーク

東武スペーシア「雅」ロゴマーク

東武スペーシア「粋」ロゴマーク

東武スペーシア「粋」ロゴマーク

 

東武スペーシア「サニーコーラルオレンジ」ロゴマーク

東武スペーシア「サニーコーラルオレンジ」ロゴマーク

柔らかみのあるスミ丸のフォントが使用されたロゴマークである。「P」を見ると一目瞭然だが、上半分が強調されるような形状をしているのが面白い。

そして、「I」の文字が東京スカイツリーのシルエットになっている。やはり、「東武の東京スカイツリー」であることをアピールしたいのだろう。

蛇足だが、上の三ツ星の色の組み合わせは3つそれぞれ異なっている。

 

タイトルとURLをコピーしました