愛称別トレインマーク事典新館へはここからGO!

急行シュプール妙高・志賀号(JR西日本)◆データファイル

急行シュプール妙高・志賀号の簡単な解説

◆ 関西圏と妙高高原などを結んでいたスキー専用列車、急行シュプール妙高・志賀号。JR西日本のシュプール号シリーズの中で急行シュプール白馬・栂池号と並ぶ2大勢力であり、21世紀になってもその流れを「急行シュプール」号(~2006/3)に引き継いで最も長く存続した系統。また、一部特急格上げで特急シュプール雷鳥信越号や特急シュプールサンダーバードへと形を変えた列車たちもこの列車からの派生形だといえる。その中でも最高峰と言えるのが特急シュプールトワイライト信越号だろう。

この方面への需要の高さは、運転本数の維持もさることながら急行シュプール信州号という補完列車がさらに運転されていたことからも知ることが出来る。さらには583系と485系を混結した編成、青い客車とレガートとシュプール&リゾートの混成など、趣味的に見ても楽しすぎる列車が歴史を彩った。

急行シュプール妙高・志賀号のデータファイル

● 87/1/8~3/28 神戸~長野 1往復
・・・ 583系10両(G1・寝なし)3/15帰まで
・・・ 485系7両(G?)3/15~

● 88/1/14~3/11 神戸~長野 2往復
・・・ 583系10両(G1・A1)又は7両(G1)
・・・ 4号は黒姫⇒神戸485系9両(G1)

● 88/3/13~3/21 神戸~長野 2往復
・・・ (4号は黒姫発。485系9両の日あり)
・・・ 583系10両(G1・A1)又は7両(G1)、
・・・ 3号は神戸⇒黒姫485系7両(G1)

● 88/12/22~89/3/9
・ 神戸~長野・妙高高原 3往復
・・・ 583系10両(G1・A1)
・・・ 485系9両(G1)
・・・ 14系ハザ6両(9両の日あり)

● 89/12/15~89/2/28 神戸~長野・黒姫 4往復
・・・ 583系10両=2往復(G1・A1)
・・・ 485系9両(G1)
・・・ 14系ハザ10両(6両の日あり)

● 90/12/14~91/3/15
・ 姫路・神戸~黒姫・長野 4往復
・・・ 583系10両=2往復(G1・A1)、
・・・ 485系9両(G1)、
・・・ 14系ハザ10両

● 91/12/19~92/3/13
・ 姫路・西明石・神戸~黒姫・長野 4往復
・・・ 583系10両=2往復(G1・A1)、
・・・ 485系9両又は11両(G1)、
・・・ 14系ハザ10両

● 92/12/22~93/2/28
・ 姫路・西明石・神戸~黒姫・長野 4往復
・・・ 583系10両=2往復(G1・A1)
・・・ 485系9両又は11両(G1)、
・・・ 14系ハザ11両

● 93/12/22~94/4/3 急行シュプール信州号統合。
・ 姫路・西明石・神戸~直江津・黒姫・長野 5往復
・・・ 583系10両又は12両(G1・A1)、
・・・ 583(8又は7)+485(6又は7)合計14両、
・・・ 485系7両(G1)、
・・・ 14系ハザ12両、
・・・ 24系25形6両+電

● 94/12/22~95/4/2
・ 姫路・西明石・神戸~直江津・黒姫・長野 5往復
・・・ 583系10両又は12両(G1・A1)、
・・・ 583(8)+485(6)合計14両、
・・・ 485系7両(G1)、
・・・ 14系ハザ12両、
・・・ 24系25形6両+電
※ この年については計画を記載。阪神淡路大震災によりかなりの変更があったはず。

● 95/12/21~96/3/31
・ 姫路・西明石・神戸~直江津・黒姫・長野 5往復
・・・ 583系12両(G1・A1)、
・・・ 583(7)+485(7)合計14両(G2)、
・・・ 485系9両(PG1・G1)、
・・・ 485系又は489系9両、
・・・ 14系ハザ12両(展望車付)、
・・・ 14系15形7両+レガートシート

 

◆上り1本が特急シュプール雷鳥信越号として格上げ
● 96/12/20~97/3/30
・ 姫路・西明石・神戸~黒姫・長野 下4・上3
・・・ 583系12両(G1・A1)、
・・・ 583(7)+485(7)合計14両(G2)、
・・・ 485系又は489系9両、
・・・ 14系ハザ(7)+寝(5)合計12両、
・・・ 14系ハザ12両

● 97/12/19~98/3/30 ※
・ 姫路・西明石・神戸~黒姫・長野 下3・上2
・・・ 583系10両(G1・A1)、
・・・ 583(7)+485(7)合計14両(G2)、
・・・ 489系9両又はスーパー雷鳥用10両(G1)
※ 長野オリンピックの期間中は休止となり、代わりに急行妙高・志賀号(583系)運転。

● 98/12/25~99/3/28
・ 姫路・西明石・神戸~黒姫・長野 下3・上2
・・・ 583系11両または7両(G1)、
・・・ 489系9両又は7両(G1)、
・・・ 14系座(レガート1・リゾート2)+寝(4)合計7両
・    ※ 客車の使用はこれで終了。このシーズン、特急シュプールトワイライト信越号運転

● 99/12/24~00/3/26
・ 姫路・神戸・大阪~黒姫・長野 下3・上2
・・・ 583系(485系2両はさみ)11両または7両(G1)、
・・・ 485系7両(G1)

● 00/12/22~01/3/25 姫路・大阪~黒姫 下3※・上2
・・・ 583系(485系2両はさみ)11両または7両(G1)、
・・・ 485系7両(G1)
※ 下りは1・3・5・7号の設定だが、5・7号は同スジ、運転日違い。

● 01/12/27~02/3/24
・ 姫路・大阪~黒姫 下3・上2
・・・ 583系10両(G1・A1)または7両(G1)
・・・ 583系(485系2両はさみ)11両、

・・・ 485系9両(G1)2/8だけ運転

急行シュプール妙高・志賀号のシュプールバスについて

シュプールバスの乗換駅は、妙高高原・黒姫・長野の3駅。(以下情報は1988年1月)と《2000年1月》

【妙高高原駅】2系統
⇒ 新赤倉 ⇒ 赤倉温泉。(400円)《480円》
⇒ 池の平 ⇒ 杉野沢。(400円)《480円》

【黒姫駅】1系統
⇒ 黒姫高原。(300円)《450円》

【長野駅】2系統
⇒ 戸隠。(1000円)《1220円》
⇒ 木島平。(1000円)《設定なし》

【長野駅(東口)】3系統
⇒ 信濃平 ⇒ 戸狩 ⇒ 野沢温泉。(1000円)《1430円》
⇒ 斑尾。(1000円)《1490円》
⇒ サンバレー ⇒ 丸池 ⇒ 蓮池 ⇒
⇒ 熊の湯 ⇒ 発哺 ⇒ 高天ヶ原 ⇒
⇒ 一の瀬 ⇒ 焼額山 ⇒ 奥志賀。(1000円)《設定なし》

タイトルとURLをコピーしました