ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

【JR四国】サンシャトル◆データファイル

サンシャトルのヘッドマーク(後期型)

【JR四国】サンシャトルの簡単な解説

◆ 1987年10月2日、予讃線・坂出~多度津間の電化完成および高架化に伴うダイヤ改正際して、高松~観音寺・琴平の高松都市圏と予讃線の普通電車が「サンシャトル」という愛称で呼ばれるようになり、そのヘッドマークを取り付けたもの。

しかし、いわゆる公式愛称として時刻表などにも掲載されるようなものではなく、あくまでもPRとして「電車化されて運転本数が増えたことを知ってもらう」目的のマークだったようだ。

【JR四国】サンシャトルのヘッドマーク

サンシャトルのヘッドマーク(後期型)「サンシャトル」のヘッドマークは、登場した1987年10月からの第一期デザインと、1990年頃に変更された第二期デザインがあった。ここで紹介しているのは第二期デザインの方である。

太陽を意味する「サン」を前面に押し出した、愛称にマッチしたデザイン。

予讃線の伊予市までの電化が完成した1993年3月改正以降は使用されなくなった。

サンシャトル号のデータファイル

【登場時:】運転区間: ~ (往復)
・   使用車両:(両)

【】
【】
【】
【】
【】
【】

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました