さ行

特急スーパー宗谷号・急行宗谷号◆トレインマーク&データ!

特急スーパー宗谷号トレインマーク

特急スーパー宗谷キハ261系

特急宗谷号の簡単な解説

特急スーパー宗谷号2◆札幌~稚内を結ぶ特急列車として現在も運転されている特急スーパー宗谷号。特急スーパーとかち号にも使用されているキハ261系気動車を使用して運転されている。

運転区間に注目すると、2017年3月までの長い間特急サロベツと全く同じだったが、「速さ」と「車両の質」により差別化されてきた。長い間特急未設定区間だった宗谷本線に現われた念願の速達列車だったに違いない。ちなみに急行宗谷号時代にも宗谷本線の昼行列車の中心的存在だった。
画像提供:♪An’s Railway memo☆ 様(いずれの写真も無断使用・転載を厳禁)

◆「特急宗谷」号となる2017年春のダイヤ改正

2017年3月4日ダイヤ改正でスーパー宗谷号は2往復のうち1往復を区間短縮し、札幌~旭川間を廃止した上で特急サロベツ号に編入されることになった。したがって残る1往復が「特急宗谷」として札幌直通運転することとなり、愛称も「スーパー」を冠するのをやめる。

そこで注目されたヘッドマークデザインの変更・調整であるが、「SUPER」の部分を塗りつぶすだけといったネガティブな予想をさらに超えたがっかりな結果となった。というのも、愛称を表示せずに宗谷地方のシルエットだけをスーパー宗谷から踏襲し、特急サロベツ号との差別化をすることもなく共通としてしまったのである。

ちなみに短縮される札幌~旭川間は新設される特急ライラック号が設定されて特急サロベツ号とリレーすることになる。

スポンサーリンク

◆特急スーパー宗谷号のトレインマーク

特急スーパー宗谷号トレインマーク 特急スーパー宗谷号用キハ261系
・地図を描くようなデザインのトレインマークはこの列車の他にもないわけではないが、このような切り取り方は思いつかなかった。 北海道の地理に通じた人でなければ「これはいったい何だろう?」と思うようなシルエット。とりあえず礼文島・利尻島・サロマ湖がアクセントといえるだろうか。でも、シルエットの3枚重ねによって面白いデザインに仕上がっている。英字表記のみというのはあまり好ましくないように思うが、JR北海道には多い。

◆急行宗谷号のトレインマーク

急行宗谷号トレインマーク 急行宗谷号テールマーク
・14系客車を使用した汽車旅からキハ400系キハ480系を使用した気動車急行に変更された際の急行宗谷号のヘッドマークだ。実寸法まではわからないが、DD51ディーゼル機関車の先頭に取り付けられる「道内の他の列車のヘッドマーク」に比べてひとまわり大きく見えたのは気のせいか。それとも車両のせいでそう見えたのか。とにかく大きな印象のヘッドマークだった。当時の北海道に多い独特の英字フォント。手抜きに見えて仕方がない。
・四角の方は14系客車で運転されていた頃の急行宗谷号のテールマーク。 基本的にヘッドマークのデザインと同じデザイン構成だが、SOYA の文字が入っていないため、むしろスッキリした印象で好ましい。 描かれているのは宗谷岬の日本最北端の地の碑のシルエット。稚内から実際には32キロも距離が離れているのだが、それはそれとして・・・

特急スーパー宗谷号の画像集

画像提供:♪An’s Railway memo☆ 様(いずれの写真も無断使用・転載を厳禁)
特急スーパー宗谷号3特急スーパー宗谷号5
・雪煙りを上げて走る姿は冬の北海道の風物詩

特急スーパー宗谷号42000年から登場して、それまでの特急スーパー宗谷号のスピードアップと乗り心地の向上を果たした車両、キハ261系。この車両は車体傾斜制御装置(いわゆる振り子式と同一ではない)を搭載しているため、曲線通過速度をアップでき、最高速度も130㎞/hで営業運転できる。こうして、非電化・曲線区間の多い北海道にあっても特急列車全体の質を飛躍的に向上させることに成功した。
・今は見られなくなった地上駅の旭川駅。やたらと幅が広い駅だったという印象が今も残っている。今では立派な高架駅となり、すっかり近代化された。

◆お役立ちサイトご紹介

★【トレインブックス・国鉄型車両図鑑・・・形式写真を専門に撮っていらっしゃる方のサイトです。斜めからのアングルで、前面や台車周りを含めてみることができます。 ●

★【座席探訪・・・列車内の様子を解説してくれているわかりやすい写真集。車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。おすすめです。 ●特急スーパー宗谷 シートマップ

★【裏辺研究所・・・国鉄時代から現在までに運転された、様々な列車たちを解説しているサイト。 ●特急スーパー宗谷 急行宗谷

★【列車愛称別編成表~「旧型客車のページ」より~・・・「客車」の列車たちにスポットを当てて、その編成と車両の姿をイラスト付きで紹介してくれる、たいへんおすすめのサイト。 ●制作ご予定中

◆急行宗谷号のデータファイル

急行宗谷・キハ400系【登場前:準急として】1960年7月1日から札幌~稚内に設定。
【登場時:1961年10月1日】
・ ●運転区間:函館~稚内  運転本数:1往復  使用車両: 2等車のみ
急行摩周と函館~滝川間併結、急行オホーツクと函館~旭川間併結
【1964年10月1日改正】単独運転となる。1等車を連結開始。函館本線経由に変更。
【1981年10月1日改正】札幌~稚内に短縮。短縮区間は特急北海号として系統分離。
【1985年3月14日改正】14系客車に置き換え。
【1986年8月】コンパートメントグリーン席扱い廃止。
特急スーパー宗谷号1【1988年11月3日】キハ400形・キハ480形気動車に置き換え。
・    ⇒寝台車両の座席扱い終了。
【1989年5月1日改正(天北線廃止)】急行天北号を統合。
【1992年7月1日改正】1往復を急行サロベツ号として分離。

*** 「急行宗谷」画像提供:急行つとむ2号様

◆特急スーパー宗谷号のデータファイル

【登場時:2000年3月11日】 ●運転区間:札幌~稚内  運転本数:2往復  使用車両:キハ261系
【2011年7月5日故障】
・  4号車エンジン下部より潤滑油漏れ、および補機駆動軸脱落。
【2013年2月12日故障】函館本線の伊納~納内間で、走行中に先頭車両付近で発煙。

急行宗谷・函館行き 急行宗谷・キハ56時代

・キハ56系時代の懐かしい画像。古くは函館発着だったというから、そのロングランぶりをうかがい知ることができる。また、その長編成ぶりは、急行摩周・急行オホーツクとの3階建て編成の15両もたいしたものだし、単独での10両(増結時には11両)ということで、最北の地への主役ぶりもよくわかる。*** 画像提供:タケちゃん様(モノクロ画像)

【2015年4月1日】特急オホーツク特急スーパー宗谷揃って車内販売営業を終了。

【2017年3月4日】道北の特急再編により、札幌~稚内に特急宗谷1往復、旭川~稚内に特急サロベツ2往復となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 急行すずらん号◆トレインマーク&データファイル!
  2. 快速ムーンライト信州号◆トレインマーク!
  3. 特急しまんと号トレインマーク 特急しまんと号◆トレインマーク&データ!
  4. 臨時特急しらはま号◆トレインマーク!
  5. 寝台特急瀬戸号トレインマーク 寝台特急瀬戸号・サンライズ瀬戸号◆トレインマーク&データ!
  6. 急行彩雲号◆データファイル!
  7. 【近鉄特急】さくらライナー◆トレインマーク!
  8. 快速シーハイル上越号◆トレインマーク!

「愛称別トレインマーク事典」で紹介するトレインマークがこの1冊に!  (※すべてではありません)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 特急しまんと号トレインマーク

ピックアップ記事

  1. N700系
PAGE TOP