ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

快速仙台シティラビット号◆データファイル

さ行

仙台シティラビット号の簡単な解説

仙台シティラビット号・仙台駅に到着◆ 福島~仙台を結ぶ快速列車として2000年に命名された。デビュー当初は急行型の455・457系などで走っていたようだが、719系、701系、E721系を使用してきた。ちなみに、719系は観光快速フルーティアふくしま号のベースになった車両である。

2002年12月ダイヤ改正以降は定期列車の運転本数を3往復で維持している。以前は、臨時列車が多く設定された時期もあったが、近年は見られなくなっていた。

2021年3月13日ダイヤ改正で廃止

列車運用の安定化のために、一つの列車当たりの走行距離の長さを短く区切り、折り返し運転とすることがこのダイヤ改正で進められる。仙台支社にかかわる東北本線上では新白河・郡山・福島・白石・仙台・小牛田・一ノ関を拠点駅と定め、輸送障害が発生しても回復しやすいようにする。

これはつまり仙台シティラビットの運用も白石で区切ること、ひいては快速列車としての設定を終了することにもつながった。21年の活躍で役目を終えることになる。

仙台シティラビット号のデータファイル

【登場時:2000年】運転区間:福島~仙台
・   使用車両:455系(両)

【】
【】
【】
【】
【】
【2021年3月13日改正】廃止。

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました