快速仙台シティラビット号◆トレインマーク~2016年春装着取りやめ!

・スポンサーリンク・
さ行

仙台シティラビット号の簡単な解説

仙台シティラビット号・仙台駅に到着◆ 福島~仙台を結ぶ快速列車として2000年に命名されて現在に至る。現在では719系、701系、E721系を使用しているが、デビュー当初は急行型の455・457系などで走っていたようだ。

・2002年12月ダイヤ改正以降は定期列車の運転本数を3往復で維持している。以前は、臨時列車が多く設定された時期もあったが、それも現在は見られない。

・719系そのものが、これから置換の対象になると予想され、そう遠くないうちにE721系がメインになると思われる。ちなみに、719系は観光快速フルーティアふくしま号のベースになった車両である。

仙台シティラビット号のトレインマーク

仙台シティラビット号HM
・719系が運用に就くときにはその貫通扉の部分に、金属プレート式のヘッドマークが装着されることで知られ、一部のファンからは人気の列車だったが、2016年3月26日ダイヤ改正においてそのヘッドマークが廃止される。

・455・457系時代から受け継がれてきたヘッドマークだという感傷は日常の利用者にはそれほどないのかもしれない。実際、701系やE721系の際にはヘッドマークがつかないばかりか、サイドのLED表示においても列車愛称は表示されていない。快速南三陸快速はまゆりなど、キハ110系を使用するLED表示の快速列車では愛称も表示されている(た)ので、ぜひ同じように「ラビット」だけでも表示するようにしてもらいたいところだ。

仙台シティラビット号・ヘッドマーク交換の様子

HM取り外し作業中・仙台シティラビット号が仙台駅に到着するや否や、J-TECの青いウィンドブレーカーを着た作業員さんが貫通扉を内側から開き、HMの回収にあたる。手に持っている赤いヘッドマークが車内で反射しているのが見える。

 

 

ヘッドマークを車内へ

 

・列車入線時にはすでに行先表示が折り返しで「白石」になっており、早々に次の列車の準備が進んでいく印象だ。

貫通扉の内側では引き続きJ-TECの作業員さんが作業の確認をしている模様。

取り外されたヘッドマーク

 

・列車の内側から見てみると、そこには取り外されて床に置かれたHMが! 当然のことだが、ブルートレインのような厚みのあるものではなく、鉄板一枚に近い形状のヘッドマークだ。
ヘッドマーク持ち去り!?

 

・すべての作業が完了するとヘッドマークは運び去られていった。作業員さんの歩幅が心なしか大きく、てきぱきとした印象が強く残った。

タイトルとURLをコピーしました