や行

臨時特急ゆぅトピア和倉号◆トレインマーク&データ!

ゆぅトピア和倉ヘッドマーク

特急ゆうトピア和倉号の簡単な解説

臨時特急ゆうトピア和倉号◆ 大阪~和倉温泉(七尾線)を結ぶ特急として1986年12月~1991年9月まで運転されていた臨時特急ゆうトピア和倉号。

電車特急である特急雷鳥号との併結運転で、使用車両の形式はキロ65形。「気動車+電車」というコンビは国鉄時代唯一の事例である。後にJR九州で特急有明号とオランダ村特急が「電車+気動車」のコンビとなり、そこでは協調運転が行なわれたのに対し、ゆぅトピア和倉号では気動車の動力は使用されず特急雷鳥号の電車編成に牽引してもらうように運転されていた。廃止されたのは七尾線が電化されたことにより気動車として運転する理由がなくなったためだ。現在では特急サンダーバード号がその役割を引き受けている。

*** 画像提供:teru-t2様/k-office様

スポンサーリンク

◆臨時特急ゆうトピア和倉号のトレインマーク

ゆぅトピア和倉ヘッドマーク
背景が白い幕に、赤い文字で「ゆぅトピア」と記されたヘッドマーク。かなりシンプルではあるが、一目でそれとわかるインパクトがあり、良いアクセントになっていた。

(クリックでHM画像拡大します)

◆臨時特急ゆうトピア和倉号の画像

ゆぅトピア和倉・大阪駅・欧風気動車で全車グリーン車指定席のゆうトピア和倉号。北海道で鮮烈なデビューを飾ったアルファコンチネンタル号などのジョイフルトレインに倣った造形の車両は北陸路でも人気を博した。1988年の資料では雷鳥9号、雷鳥30号に併結されていた。しかし、京都~金沢間では一切旅客乗降扱いを行なわず、併結の雷鳥号の乗降が行なわれる駅ではただ停車するだけだった。
・下り列車が和倉温泉に到着する時刻が午後2時前、上り列車の出発が午後3時前ということで、能登観光と温泉を十分に楽しめるように設定されていたようだ。

◆特急ゆぅトピア和倉号のデータファイル

【登場時:1986年12月27日】
・ ●運転区間:大阪~和倉温泉  運転本数:1往復  使用車両:キハ65
【1988年3月13日改正】毎日運転の臨時列車に変更。
【1991年9月1日改正】七尾線電化開業に伴い、特急ゆぅトピア和倉号を廃止。スーパー雷鳥に役割を譲る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 急行よねしろ号◆トレインマーク(なし)!
  2. 特急やまばと号◆トレインマーク&データファイル!
  3. 急行ゆのくに号トレインマーク 急行ゆのくに号◆トレインマーク&データ!
  4. 東北新幹線やまびこ号◆トレインマーク&データ!
  5. 【ジョイフルトレイン】リゾートエクスプレスゆう◆トレインマーク!…
  6. 寝台特急ゆうづる号◆トレインマーク&データ!
  7. 特急やまびこ号◆トレインマーク&データ!
  8. 【お座敷列車】ゆとり号◆トレインマーク!

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 特急宇和海号トレインマーク
  2. 臨時寝台特急エルム号トレインマーク

ピックアップ記事

PAGE TOP