ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

臨時特急まほろば号◆データファイル

臨時特急まほろば号ヘッドマーク
臨時特急まほろば号ヘッドマーク

⇒ 臨時特急まほろば号のヘッドマーク事典はこちら

臨時特急まほろば号の簡単な解説

◆ 新大阪~奈良を結ぶ臨時特急として2010年に、そして2019年から運転されている臨時特急。初代は2010年4月1日から6月30日まで開催された「奈良デスティネーションキャンペーン」に合わせて設定されたもので、381系(6両編成・一部指定)を使用して梅田貨物線・大阪環状線・関西本線経由で運転された。途中停車駅は天王寺・王子・法隆寺。

2度目の設定となる2019年以降のものは、特急くろしお用の287系3両編成(指2・自1)で、おおさか東線・関西本線経由。前者との大きな違いは途中停車駅が一つも設定されていないことだ。その割には時間短縮が、下り55分⇒50分、上り57分⇒51分と、新路線効果が大したほどではないことが見て取れる。とはいえ、新幹線との接続を重要視していることは利便性向上に役立っている。

臨時特急まほろば号のデータファイル

【登場時:2010年4月1日】 運転区間:新大阪~奈良(1往復)  使用車両:381系

【 同年 6月27日】最終運転。

・・・・・・・・・・・・・・

【2019年11月2日】おおさか東線の開業によって可能になった短絡ルートで新設定。(~12月)

【2020年3月~6月】春の臨時列車として土日運転。

【2020年9月5~27日】土日運転。

タイトルとURLをコピーしました