さ行

四国まんなか千年ものがたり◆ロゴマーク!

四国まんなか千年ものがたり・春萌(はるあかり)の章

四国まんなか千年ものがたり号の簡単な解説

秋彩 (あきみのり)の章

四国まんなか千年ものがたり・秋彩 (あきみのり)の章

観光列車「四国まんなか千年ものがたり」号は、2017年4月1日にデビューするJR四国のジョイフルトレイン。車両はキハ185系の3両編成。アイランドエクスプレスⅡを1両減車して転用した中間車両(キロ186‐4⇒キロ186-1002)を含んでいる。おもに土讃線区間にあたる、香川県の多度津・琴平と徳島県の大歩危の区間を走ることになっている。

※前後の車両の車番は、キロ185-1001(改造前キハ185-14)とキロ185-1003(改造前キハ185-3102)である。

四国山地を横断するこの区間は、四国のまんなかあたりに達し、祖谷山などの渓谷美を堪能しつつ、香川・徳島の地元食材にこだわった印象に残るお料理を楽しめる、和の風情を演出する列車。大歩危と言えばかずら橋や温泉などでも知られ、

現時点で発表されている予定によると、土日祝日に加え、月曜、金曜にも運転する基本計画のようだ。午前の下り列車は「そらの郷紀行」 、午後の上り列車は「しあわせの郷紀行」という列車愛称となる。

+スポンサーリンク+

四国まんなか千年ものがたり号のトレインマーク

四国まんなか千年物語キハ185系の先頭車両・貫通扉にあったヘッドマーク表示窓は埋められ、平坦になったちょうどその部分にシンボル・ロゴマークが設置されるようだ。

描かれているのはおそらく歴史を感じさせる大きな杉の木を図案化したものと思われる。古民家的な雰囲気を意識してJR四国の社員の方がデザインしたという車両にもよくマッチしている。

このデザインが大小さまざま、色もさまざま、車体の各所に配されていて、特に乗降口あたりにおおきく配されているものはとてもダイナミックで面白い

四国まんなか千年ものがたり号についてのおすすめ記事

車内販売でございます・・・実際にご乗車になってのご感想を楽しく綴っていらっしゃいます。外観・内装・什器類にも注目されています。

●KOGANETURBOのたわいない日々・・・9月10日撮影記7 土讃線編(このページの画像提供者様です)

・・・スポンサーリンク・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急いさぶろう・しんぺい号◆トレインマーク!~普通列車と愛称共存…
  2. 【ジョイフルトレイン】クリスタルエクスプレス◆トレインマーク~2…
  3. クルーズトレイン・TRAIN SUITE四季島号◆トレインマーク…
  4. 快速仙台シティラビット号◆トレインマーク~2016年春装着取りや…
  5. サロンエクスプレスアルカディア号◆トレインマーク!
  6. 快速サンライナー号◆トレインマーク!
  7. 羽越本線観光列車「海里」ロゴマーク 2019年10月5日登場目前!【観光列車】海里(かいり)~きらき…
  8. 快速瀬戸内マリンビュー号◆トレインマーク!

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. トランスイート四季島・アップ

ピックアップ記事

  1. 特急うずしお号トレインマーク
  2. 急行かいもんトレインマーク
PAGE TOP