ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

快速みまさかノスタルジー号◆データファイル

みまさかノスタルジー号「臨時幕」-kgn

観光快速みまさかノスタルジー号の簡単な解説

みまさかノスタルジー号2-kgn◆2016年春、4月~6月の「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」に合わせて運転された観光快速列車、みまさかノスタルジー号。土日運転で岡山駅~津山駅間(津山線)を2往復したが、平日「快速ことぶき号」として走っているものの一部を特別に仕立てたもので、全く同じ筋でダイヤ設定された。

キハ47形2両編成を改造したレトロ風の車両で、郷愁を誘う里山の風景などを楽しんでもらうコンセプトで企画。とりわけ、車内に瓶ジュース用の栓抜きが設けられ、「フタのカドをひっかけて ビンを上にこじる」と書かれた往年のアイテムを復活。青色のモケット生地の懐かしいインテリアなど、見どころいっぱいだった。車両の塗装も気動車の一般車両で使われた朱色とクリームのツートンカラーを再現。キハ47形なのでその当時の車両ではないものの、雰囲気は十分醸し出している。残念ながらDC終了後はこの愛称での運転も終了。

その一方で、車両の装いはそのままに伯備線・姫新線・津山線経由で、岡山県内を一周する「岡山漫遊ノスタルジー」が運転されるなど、愛称と路線を少々変えつつ今なお現役で活躍している。(2017/10)

(画像提供:Koganeturbo様)

みまさかノスタルジー号のデータファイル

【登場時:2016年】運転区間:岡山~津山  (往復)
・   使用車両:キハ47形(2両)

【】
【】
【】
【】
【】
【】

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

 

保存

保存

保存

保存

保存

タイトルとURLをコピーしました