ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

快速みすゞ潮彩号◆データファイル

ま行

misuzu6

快速みすゞ潮彩号の簡単な解説

◆ 新下関~下関~仙崎を山陰本線で結ぶ観光列車として1往復運転している「みすゞ潮彩号」。2007年から2013年春までは下関・新下関~滝部・仙崎という設定、また快速列車で2往復運転してきたが普通列車として最後の数年間を過ごした。

長門市仙崎出身で、下関でも過ごしたという童謡作家、金子みすゞをテーマにしている。特急いそかぜ号が2005年に廃止されて以降すっかり寂しくなった山陰本線西部の、唯一の華として活躍した。

【運転終了!】

2017年夏から新たな観光列車として生まれ変わるべく、再改造を受けることが決定したため2017年1月29 日(日)をもって引退。萩長門ブルーライナーに代わって登場したみすゞ潮彩号が再び萩を含むルートの観光列車「○○のはなし」として生まれ変わる形だ。

◆みすゞ潮彩号のデータファイル

【登場時:2007年】運転区間:新下関~仙崎  (往復)
・   使用車両:キハ47形(両)

【】
【】
【2017年1月29日】ラストラン。
【】
【】
【】

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

◆みすゞ潮彩号おすすめサイト

【車内販売でございます】・・・みすゞ潮彩号

◆みすゞ潮彩号の画像集

misuzu1 misuzu2
・みすゞ潮彩号のアピールポイントは何と言ってもマリンビュースポット。長門市~黄波戸間、長門二見~宇賀本郷間、湯玉~小串間の3か所で徐行運転して海岸の絶景を楽しめるようになっている。
misuzu3 misuzu4

misuzu5

◆快速みすゞ潮彩号のデータファイル

【登場時:2007年7月1日】
・ ●運転区間:新下関・下関~滝部・仙崎  運転本数:2往復  使用車両:キハ47形7000番代
【2012年3月17日改正】1・2号の下関~長門市が普通列車となる。
【2013年3月16日改正】土・休日限定、1往復(新下関~仙崎)のみ運転に。

【2017年1月29日】運転終了。再改造による観光列車「○○のはなし」となる。

タイトルとURLをコピーしました