特急はやとの風◆トレインマーク&データ!

特急はやとの風号の簡単な解説

◆ 吉松~鹿児島中央を結ぶ特急列車として運転されている現役の観光列車、特急はやとの風号。

2004年3月13日(九州新幹線鹿児島ルート部分開業)に新幹線つばめ号に接続する霧島方面への観光列車として運行開始。肥薩線の人吉以北には他の特急が設定されていたが、南部の路線を走る唯一の特急として活躍を続けてきた。2016年3月ダイヤ改正以降の特急くまがわ号の廃止と九州横断特急の区間短縮により、一時は肥薩線唯一の特急となっていたが、翌年3月4日ダイヤ改正で観光特急かわせみやませみ号が登場し、同時にいさぶろう・しんぺいの1往復が特急化されることになったため状況は一変した。いさぶろう・しんぺいとの接続は極めて良好で、観光列車を連続して楽しむことを望む人も多いことだろう。

2018年3月改正で定期廃止!臨時列車化へ

新聞報道であるが、来春廃止(臨時列車化)が決まったとの報道があった。登場から14年ということになるが、専用車両が指宿のたまて箱に変更されるなど、徐々に勢いを失っていることが表面化していたものの、特にテコ入れをするわけでもなくここまで来ていた。今後は臨時列車としての活躍がどこまで続くのかが注目される。

スポンサーリンク

◆特急はやとの風号のトレインマーク

特急はやとの風号トレインマーク・正確に言うとこれはトレインマークというよりステッカー式のサインだが、ブラックのディーゼル車の車体に金色のサイン、とってもしぶい。すごくよく合うカラーコンビネーションで、車両そのものの古さや種車のレベルを補う装いとなっている。

このデザインをアレンジしたものが車体の数ヶ所に貼られていて全体としての質感を高めている。

特急はやとの風号

◆特急はやとの風号の画像

・肥薩線南部にとっては、1978年に急行やたけ号が快速格下げされて以来、なんと26年ぶりに登場した優等列車だ。この列車は、特急でありながらワンマン運転(アテンダントは車掌ではないため)を行なっている。

余談だが、人吉~吉松間は大畑(おこば)ループで有名な山岳区間で特急は設定されていないものの、観光列車である普通列車いさぶろう・しんぺい号が走っている。

※写真提供:Yuu200DC様(無断使用厳禁)

◆はやとの風号のお役立ちサイトご紹介

kiha47はやとの風●【赤いひかり/座席特急の部屋】・・・列車供食事情というページで、鉄道と食をテーマに記事を公開されています。 ●はやとの風・車内販売

●【座席探訪】・・・列車内の様子を解説してくれているわかりやすい写真集。車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。おすすめです。 ●キハ147系はやとの風

◆特急はやとの風号のデータファイル

【登場時:2004年3月13日】(当初は臨時列車として登場)
・ ●運転区間:吉松~鹿児島中央  運転本数:2往復  使用車両:キハ147 1045・キハ140 2066
【2006年1月21日】キハ47 8062が専用車両として追加、キハ140 2066を予備車とした。
【 同年3月18日改正】定期列車に格上げ。
【 同年12月13日】人吉はやとの風号運行開始。
【2007年10月29日事故】肥薩線での踏切事故。「人吉はやとの風」の運行を中止。
【2012年3月19日】キハ140 2066を指宿のたまて箱用に再改造されたため2両体制に戻った。
【2013年3月16日改正現在】
・ ●運転区間:吉松~鹿児島中央  運転本数:2往復  使用車両:キハ147 1045・キハ47 8062

保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急白鳥号(日本海縦貫)◆トレインマーク&データ!
  2. 特急はまかぜ号◆トレインマーク!
  3. 特急はるか号◆トレインマーク&データファイル!
  4. 新幹線はやて号◆トレインマーク!
  5. 特急スーパー白鳥号・特急白鳥号◆トレインマーク!
  6. 快速はまゆり◆トレインマーク(なし)!
  7. SLばんえつ物語◆トレインマーク!
  8. 特急はくたか号(北越急行)◆トレインマーク!

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. SL銀河号のヘッドマーク

ピックアップ記事

PAGE TOP