パノラマライナーサザンクロス◆トレインマーク&データ

・スポンサーリンク・
サザンクロスのヘッドマーク

パノラマライナーサザンクロスの簡単な解説

◆ パノラマライナーサザンクロス(Panorama Liner Southern Cross)は、国鉄末期の1987年3月に登場し、JR九州で1994年まで活躍したジョイフルトレイン(欧風客車)。すべて12系客車の改造だが、固定窓に変更されており全車両グリーン車扱い。メタリックレッドをベースにシルバーとホワイトのラインが施されていた。メタリックレッドは「九州の熱い情熱と燃える太陽」をイメージしたものだという。専用機関車は客車と同様に塗装されたED76-78、DE10-1131だった。廃車となったのは1994年3月24日付け。

【1号車パノラマラウンジカー】 スロフ12 705
【2号車】  オロ12 711
【3号車】  オロ12 712
【4号車】  オロ12 713
【5号車】  オロ12 714
【6号車パノラマカー】 スロフ12 706

パノラマライナーサザンクロスのヘッドマーク

サザンクロスのヘッドマーク

専用機関車の先頭にはヘッドマークが掲げられ、特別感を引き立てていた。愛称となっている「サザンクロス」とは、星座の南十字星(=みなみじゅうじ座)のことなので、ヘッドマーク上に描かれているデザインはそれを正しく描写しているとは言い難い。どちらかと言えば十字型に大きく輝きを放っている星を描いた感じである。

とはいうものの、実際の南十字星は結構地味な存在なので、華やかさを求めるのならこのデザインを選択したのは良かったのではないだろうか。

 

タイトルとURLをコピーしました