花咲線(根室本線・東部区間)◆ロゴマーク

・スポンサーリンク・
花咲線ロゴマーク
花咲線ロゴマーク

花咲線の簡単な解説

花咲線キハ54・東根室駅にて◆ 花咲線とは、根室本線・釧路~根室間の愛称で、運行系統が完全に独立している路線である。宗谷本線路並ぶ「最果ての路線」であり、他の所では見られない大自然を行く路線だ。門静~厚岸、落石といった広大な海を望む区間あり、別寒辺牛湿原の中を通るなど、見どころたっぷりである。

かつては花咲駅という駅が根室駅の2つ手前(西和田~東根室間)に存在したり、快速はなさきという列車が今も走っていたりと、花咲線という愛称はぴったりのものだ。

ちなみに、当然といえば当然だが「日本最東端の駅」である東根室駅がある(写真)。そこは無人駅だが、根室駅にて最東端の駅到着証明書が発行されるイベントが実施されることもある。

花咲線のロゴマーク

花咲線ロゴマーク

花咲線ロゴマーク

花咲線では、ハマナスの花をモチーフにしたロゴマークが1991年に花咲線運輸営業所が発足した時から使用され、キハ54系や初期にはキハ40系にも掲げられていた。2000年代半ばから外され始めて2007年くらいまで残っていたとの情報がある。

もうすでに消滅して長い時間が経過したが、実は今もなおそのデザインを見ることができる場所があるそうだ。それは根室駅ホーム。もし根室駅に降り立つことがあれば、改札を出る前にその右側にある、このマークに気付いてあげてもらいたい。

タイトルとURLをコピーしました