【どこトレ】が49路線+αで使えてとっても便利!PC版の使い方を解説!

・スポンサーリンク・
RW NEWS

2014年の春から開始したJR東日本の運行列車位置情報サービス、「どこトレ」をご存じでしょうか?

その名から容易に想像がつく通り、今どこに列車が走っているのかを教えてくれるサービスです。そのどこトレが対象路線を「12」から「39」、さらに「43」に拡大したのも束の間、現在では、在来線49路線へ、さらに秋田新幹線山形新幹線及びBRT区間へと拡大。各線区の遅れ事由の表示と、遅延証明書の発行機能に加えてもうひとつ追加した機能は「次の列車情報」が4つ先の列車まで表示されるようになったこと!
スマホ版は縦向きが使いやすいようです。 ⇒スマホ版解説ページはこちら

★ URLは以下の通りです。
PC版 ⇒ http://doko-train.jp/pc/       スマホ版⇒ http://doko-train.jp/sp/
dokotore-area

どこトレの使い方

 

◆ トップページ画面(PC版画面)

dokotore1・トップページを開くと、【中央】にエリア全体のマップが現れ、【右サイド】には全体的な運行情報(遅延・運休など)が、【左サイド】には駅の次の列車時刻情報(新機能:4つ先の列車まで)その他表示されるようになっています。

・この左側上部に表示される「駅」は、位置情報を読み取った場合は「最寄駅」を自動的に表示しているようです。

 

** 表示したい駅を選択する

dokotore-topup【主要駅の場合】もっとも簡単に選べるのは、マップ上で ●印表示されている駅です。(例:前橋、宇都宮、水戸などがOK。日光、烏山などは×)。この部分はクリックするだけで選択できます。もしその駅が「複数路線」運転している駅なら、ご自分が知りたい路線を選択するよう、選択画面が現れますのでその中から選びます。

atsumi【検索窓に駅名を入力】情報を得たい駅が、●印表示の駅でなければ、「駅名検索(虫メガネのマーク)」をクリックします。すると、検索ウィンドーが登場。例えば、ここでは羽越本線の「あつみ温泉」を検索してみます。

◆ 知りたい駅近辺のリアルタイム運行情報

atsumi-doko⇒【左サイド】あつみ温泉駅の次の列車情報が出てきました!(次の列車は上下とも1時間後なんだ!)

⇒【フッター】近接する4つ先の駅の付近まで、列車が走っている場合の位置情報を表示します。画像では一つも写っていませんが・・・。

⇒【右サイド】トップ画面の時より絞られた範囲の情報が表示されています。

** 少し時間を待ちました

どこトレで特急いなほ5号確認!・しばらく経過して画面を見てみると、列車が現れました。水色のマークが列車と進行方向を表しています。カーソルを重ねてみると「いなほ5号秋田行き平常運転」と表示されました。こうして、あつみ温泉駅での下り特急情報を求めていた人にとっては、一安心ということになります。

** 別の情報を求めているなら・・・

・とはいえ、各駅停車の列車に乗りたい人の場合は、その後のことが知りたいはずですよね。そんな人にとって便利な使い方が2つあります。
atsumi-drag【1】次の列車がどこまで来ているか確かめられる!
路線の運行状況を示した部分にカーソルを合わせてドラッグして左右に動かすと、もっと遠い駅の情報が簡単に見られます。この画像では右の方へとスクロールすることによって「勝木駅」よりさらに新潟寄りの駅を4つ先まで表示できています。すると、次の列車が来ていることが確認できました。

atsumi-tt【2】その列車の到着時刻を確認できる!

・【左サイド】上方の「運行情報・時刻表▶」というパープルのバーの右端をクリックすると駅の時刻表が現れます。これを見ると、次にくる列車以外の列車も確認できて便利ですね。(上り・下りのボタンも必要に応じてクリックしてください)。この時刻表の素晴らしいところは、臨時列車を含めた「その日の時刻表」が表示されることですね!(特急・快速などの種別が表示されるとより一層便利になるでしょうね~)

◆ MYリストに登録しておく

MYリストに登録ボタン・この駅がよく使う駅であったり、これから訪問するため「すぐに見つけたい」という駅ならMYリストに登録しておくことができます。合計5つの駅を登録できます。駅名の右端にある + ボタンをクリックするだけで登録でき、ページ中央のマップ下にあるメニューの左端「MYリスト」のボタンを押すと簡単に表示されます。

例えば、撮り鉄旅行に出かけるようでしたら、その撮影地の最寄駅をMYリストに登録しておくと、お目当ての列車が何分遅れで走っているかが分かったりしますね。

よくあることとして、「トイレに行きたくても行けずにガマンしていたら1時間も遅れていた!」といった悲劇が回避できるんですね~。

どこトレの高い精度

リアルタイム!・このどこトレサービスがどれくらい信頼のおけるものかを確かめるべく、弊社(西大崎駅まで車で2分)の窓から陸羽東線を見てみました。画面に映る通り、列車の位置は岩出山駅から西大崎駅に向かっております。出発時刻、到着時刻とも、ほぼ完璧なまでにリアルタイムでした!

・もっとも、このサービスでは「リアルタイムを保証しているわけではない」ですので、そこはご注意を。自己責任のもとに活用したいですね。

やっぱりどこトレは便利!どんどん使おう!

私はこのサービスを提供してくれたJR東日本さんに本当に感謝しています。このサービスそのものがJR東日本に利益をもたらしているわけではないと思いますが、信頼と安心を提供するという点で大きく貢献するサービスだと思います。

ぜひ、行き届いていない区間にもいきわたらせてほしいと思いますし、できれば第3セクターの鉄道との連携も拡大してもらいたいところですね。

??首都圏にはどこトレってないの??

・このどこトレエリアに首都圏が含まれていないことを不思議に思う方も多いことでしょう。でもご安心ください。「JR東日本アプリ」を使用すると、 「列車位置情報」が使えるだけでなく、駅構内の情報なども簡単にGETできてとても便利です。対象路線は拡大中で、2016年3月26日時点では【東海道線(東京~湯河原) 湘南新宿ライン(高崎~小田原、宇都宮~逗子)京浜東北線・根岸線(大宮~大船) 中央線快速(東京~高尾)中央線・総武線各駅停車(三鷹~千葉) 宇都宮線(上野~黒磯)高崎線(上野~神保原) 埼京線・川越線(大崎~川越)常磐線快速・普通(羽鳥~品川) 常磐線各駅停車(綾瀬~取手)武蔵野線(府中本町~西船橋) 山手線】に加えて、【横須賀線(東京~久里浜) 総武快速線(東京~千葉)南武線(川崎~立川) 横浜線・根岸線(八王子~大船)上野東京ライン(黒磯・神保原~湯河原、羽鳥~品川)】が拡大し、路線合計17となりました。

首都圏でのご利用が多い方はぜひ「JR東日本アプリ」をご活用くださいね。

ご利用になれるOSは、iOS(iOS7.0 以上)と、 Android(Android 4.2 以上)ということですので
iPhoneまたはandroidでアプリをご利用の方が多いでしょうね。

★対象区間の一覧

相模線(橋本〜茅ケ崎)、伊東線(熱海~伊東)、中央本線(甲府~塩尻、岡谷~塩尻(辰野経由))、青梅線(青梅~奥多摩)、八高線(八王子~高崎)、吾妻線(高崎~大前)、小海線(小諸~小淵沢)、篠ノ井線(塩尻~篠ノ井)、大糸線(松本~南小谷)、東北本線(黒磯~盛岡、岩切~利府)、上越線(高崎~宮内)、両毛線(小山~高崎)、高崎線(神保原~高崎)、水戸線(小山~友部)、日光線(宇都宮~日光)、烏山線(宝積寺~烏山)、常磐線(羽鳥~富岡、浪江~岩沼)、水郡線(水戸~安積永盛、上菅谷~常陸太田)、仙山線(仙台~羽前千歳)、仙石線(あおば通~石巻)、石巻線(小牛田~女川)、大船渡線(一ノ関~気仙沼)、気仙沼線(前谷地~柳津)、北上線(北上~横手)、釜石線(花巻~釜石)、田沢湖線(盛岡~大曲)、山田線(盛岡~宮古)、花輪線(好摩~大館)、八戸線(八戸~久慈)、大湊線(野辺地~大湊)、信越本線(篠ノ井~長野、直江津~新潟)、飯山線(豊野~越後川口)、越後線(柏崎~新潟)、弥彦線(東三条~弥彦)、磐越東線(いわき~郡山)、磐越西線(郡山~新津)、只見線(小出~只見、会津川口~会津若松)、羽越本線(新津~秋田)、白新線(新発田~新潟)、奥羽本線(福島~青森)、米坂線(米沢~坂町)、左沢線(北山形~左沢)、男鹿線(追分~男鹿)、五能線(東能代~川部)、津軽線(青森~三厩)、陸羽東線(小牛田~新庄)、陸羽西線(新庄~余目)、気仙沼線BRT(前谷地~気仙沼)、大船渡線BRT(気仙沼~盛、陸前矢作~盛)と、仙台空港鉄道株式会社の仙台空港アクセス線(名取~仙台空港)、しなの鉄道株式会社の北しなの線(長野~豊野)です。なお、上越線、花輪線、仙石線、烏山線、只見線、白新線の一部区間において、表示できない区間があります。また、信越本線・越後線・白新線の新潟駅は案内対象外となります。(2019年3月31日現在)
※新潟駅は案内対象外となっているようです。ご注意ください

 

保存

タイトルとURLをコピーしました