SLばんえつ物語◆トレインマーク!

SLばんえつ物語・C57180

SLばんえつ物語号の簡単な解説

SLばんえつ物語・アップ ◆SLばんえつ物語号。 新潟~会津若松を磐越西線・信越本線経由で結ぶSL列車として1999年から2015年現在まで運転されている。運転区間は快速あがの号と同一だが全く性格の異なる列車である。牽引するSLはC57型180号機、客車は専用塗装された12系客車を使用している。JR西日本で運転しているSLやまぐち号と同様、春から秋までの土曜・休日を中心に一日一往復運転される臨時快速列車である。ちなみに、会津若松~郡山を結ぶフルーティアふくしま号とは接続が悪く、続けての利用にはあまり向いていないようだ。

・オコジロウとオコミというカップルの専属キャラクターがとても可愛い。各車両のエクステリアを飾るステッカーに描かれている。2013年春から7号車として編成に加わった展望型グリーン車はウッディーな温かみと深みのある赤が特徴のシートで定員30名。展望室部分は足元から天井の手前まで続くダイナミックなガラス張りエリアとなっていて180度の展望を楽しめることに加え、既成概念を大きく覆すようなキュービックな椅子がちょんちょんと置かれているのもとっても面白い。

ばんえつ物語号・展望グリーン車ばんえつ物語号7号車展望室

・7号車に加えて、2014年春からは1号車も大きく改造され、オコジョルーム、オコジョ展望室の車両となった。同時に外観のカラーリングも統一されてレトロ調大正ロマンをイメージするSLばんえつ物語号という新しいイメージへのチェンジが完成した。(画像提供:日本海ファクトリー特派員ほか)

スポンサーリンク

SLばんえつ物語号オコジョルーム・1号展望車ばんえつ物語号のロゴマーク

◆SLばんえつ物語号のトレインマーク

SLばんえつ物語・一の戸橋梁***準備中***

◆SLばんえつ物語号のデータファイル

【登場時:1999年4月29日】
・ ●運転区間:会津若松~新津  運転本数:1往復  使用車両:C57 12系客車6両
【2000年12月】展望車を4号車として増結し、7両編成化(オハ12 1701)。SLばんえつ物語・三川鉄橋
【2002年】利便性を考慮し、新潟発着とし、上越新幹線とのつながりを図る。
【2003年】月変わりのヘッドマーク・デザインを採用。
【2007年4月28日】12系客車と乗務員制服をリニューアル
【 同年10月】3週間限定でデフレクター変更。(イベント)
【2012年4月1日】5号車にオコジョルーム登場
【2013年4月6日】7号車に展望型グリーン車初登場。
【2014年春】1号車にオコジョルーム・オコジョ展望室が登場。5号車は売店はそのままにオコジョルームを普通座席に変更。外観を7号車と同じコンセプトのカラーに変更・統一。

関連記事

  1. 快速スーパードラゴン◆トレインマーク(なし)!
  2. TOWNとれいん~TOWNトレイン◆ヘッドマーク
  3. うみねこ号(八戸線)◆トレインマーク!
  4. 快速ムーンライトながら号◆トレインマーク&データ!
  5. 【大糸線】あずみのエコー◆ヘッドマーク!
  6. 快速はまゆり◆トレインマーク(なし)!
  7. 新快速(東海地区)◆トレインマーク!
  8. 急行八甲田号◆ トレインマーク(なし)

鉄道ファン 2017年 05月号 [雑誌]
価格:1129円(税込、送料無料) (2017/3/19時点)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

ピックアップ記事

PAGE TOP