ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

タウンシャトル(九州)◆データファイル

タウンシャトルのヘッドマーク
タウンシャトルのヘッドマーク

タウンシャトルの簡単な解説

2つのタウンシャトル

2つのタウンシャトル・長崎駅(1987年)

◆ 九州北部・都市圏輸送近郊列車の利便性向上をアピールするためにつけられた愛称。JR発足後の早い時期に採用されたものと思われる。1990年代半ばまで存在したようだ。一部は山陽本線や宇部線にも足を延ばす列車が見られたという。

多くは交直流電車または交流電車での運転だったものの、非電化区域では気動車による運用やDE10牽引の客車列車もあり、ヘッドマークが装着されていた。写真に写っているように気動車も急行形に限らずキハ30系のような一般形も使われていた。

タウンシャトルのデータファイル

【登場時:】運転区間:  (往復)
・   使用車両:(両)

【】
【】
【】
【】
【】
【】

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました