SL冬の湿原号◆トレインマーク ~この冬20周年!

・スポンサーリンク・
C11-171冬の湿原号ヘッドマーク ひ~ほ

SL冬の湿原号の簡単な解説

◆ 釧路~標茶を結ぶSL列車で、C11-171を使用する釧網本線の臨時列車として2000年1月8日からJR北海道が運行している。過去には川湯温泉まで運行されていた時期もある。カフェカーである2号車は旧型客車のスハシ44。その他は14系で構成される5両編成である。1月末から3月初めにかけての限られた日数の運転であるため、乗車できるチャンスは限られている。関心があるなら早めに計画してチケットを取っておきたい列車だ。

興味深い点として、標茶駅には転車台がない関係で釧路行きの列車はSLが逆向き運転となる。こればかりは好みの問題だが、一般的なSLらしさを感じたいのであれば標茶行きに乗られることをお勧めしたい。

(2019/12時点)

SL冬の湿原号のトレインマークと画像

※画像提供:うどん県の匿名希望様

C11-171冬の湿原号ヘッドマーク

SL冬の湿原号15周年HM

こうして15周年の記念HMが用意されたが、10周年の時にも同様だった。

さて、この冬は20周年。どんなマークが用意されるのだろうか。

タイトルとURLをコピーしました