サロンエクスプレスアルカディア号◆トレインマーク!

・スポンサーリンク・
サロンエクスプレス・アルカディアのHM
サロンエクスプレス・アルカディアのヘッドマーク

サロンエクスプレスアルカディア号の簡単な解説

◆JR東日本・新潟支社に1987年の分割民営化直後に投入され、キハ58系3両編成で運行開始したものの1988年3月に火災事故発生。1両が焼失するという悲運の列車。
難を逃れて走行可能だった2両については4年の歳月を経て、1992年に盛岡支社に転属。新規に1両追加され、「Kenji」として生まれ変わったが2018年9月で引退した。大変な歴史を刻んだ割にはその後の活躍が長く、最後のキハ58系(休車を除く)として注目を集めた。

車両の形状は、北海道のアルファコンチネンタル・エクスプレスなどのジョイフルトレインに倣った造形で、キハ65形改造の「ゆぅトピア」や「ゴールデンエクスプレスアストル」など、類似した雰囲気の車両がこの頃にデビューした。

サロンエクスプレスアルカディア号のヘッドマーク

サロンエクスプレス・アルカディアのHM

サロンエクスプレス・アルカディアのヘッドマーク

この車両は前面の大型窓の下に、二つの前照灯に挟まれる形でヘッドマーク窓を設けていた。それは後のKenjiにも引き継がれ、途中までは活用されていたそうだ。

車両の愛称であるArcadia(アルカディア)の文字が落ち着いたダークグリーンの背景に白文字といういでたちで掲げられていた。派手なイメージの車両とは対照的であった。

タイトルとURLをコピーしました