ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

いきいきサロンきのくに◆データファイル

12系お座敷客車・いきいきサロンきのくに号HM
12系お座敷客車・いきいきサロンきのくに号ヘッドマーク

いきいきサロンきのくに号の簡単な解説

12系客車改造の和式客車6両編成で、4号車のイベントカー以外は掘りごたつや座卓を備えたお座敷になっている。外観は、窓が上下に大きく広げられて視界が大きく広がっていることが特徴。さらに両端の貫通扉をつぶして非貫通となり、例えるなら24系客車の電源車のような雰囲気になった。3つの窓にかかるようにブラックアウトされているため、遠くから見ると横に長くつながった窓のように見えたがそれぞれ独立した窓だった。

元々は天王寺鉄道管理局(竜華客貨車区⇒和歌山電車区)所属のお座敷客車で、通称「ワカ座」と呼ばれた。12系を使用したお座敷列車としては全国で4例目のものだった。

1989年に「いきいきサロンきのくに」として改造され、編成定員は256名から152名と大幅に減少した。4号車がイベントカーとしてフリースペースになったことがおもな理由だが、輸送容量よりもサービス重視に変わっていった時期であることがうかがい知れる。車両はその後、1997年に宮原運転所へ転属。長らく活躍したが2007年11月5日に廃車となった。

いきいきサロンきのくにのデータファイル

【登場時:】運転区間:  (往復)
・   使用車両:(両)

【】
【】
【】
【】
【】
【】

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました