ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

急行兼六号◆データファイル

か行
急行兼六号の大型ヘッドマーク

⇒ 急行兼六号のヘッドマーク図鑑はこちら

急行兼六号の簡単な解説

◆ 名古屋~金沢を結んでいた電車急行兼六号。北陸本線電化が完了してすぐではなく、少々遅れての登場だったが、455系を中心とした12両の編成でしかもグリーン車に食堂車(サロ2両にサハシ)もあり、堂々とした列車だった。

定期列車としては終始1往復だけだったが、不定期列車、臨時列車の設定がありそこには客車編成や気動車編成も使用されたという。他の北陸急行よりも特急格上げ(=愛称消滅)が早く、活躍期間が短かったのだが残念だった。

急行兼六号のデータファイル

【登場時:1966年10月1日】運転区間:名古屋~金沢  (往復)
・   使用車両:455系・475系(12両)

【1967年10月1日】不定期列車「第1兼六」設定。
【1969年3月10日】不定期列車の設定終了。
【1975年3月9日】廃止。翌日から特急しらさぎに格上げ。
【】

タイトルとURLをコピーしました