和式客車くつろぎ号◆トレインマーク!

・スポンサーリンク・
和式客車くつろぎ号テールマーク か行

碓氷鉄道文化むらの「くつろぎ」

12系ジョイフルトレイン・くつろぎ号の簡単な解説

幡生工場で改造された12系くつろぎ
◆ 1983年から1999年まで活躍した12系改造の和式客車で、国鉄からJR東日本(高崎支社)に在籍していた。種車の12系一般型客車と比較して、顔つきに大きな変更はないが、かなり早い時期に登場したジョイフルトレインのひとつだった。1987年にはカラーリングに大きく手を加えるなど、ジョイフルトレイン・ブームに乗って化粧直しをしたが、それほど派手な部類ではなかった。どちらかと言えば、このくつろぎをバックアップするため同支社に1987年に登場した和式客車やすらぎ号の方が垢抜けした印象だった。

これら、和式客車引退後は485系改造の和式電車、せせらぎ号とやまなみ号が活躍した。

現在は群馬県の碓氷峠鉄道文化むらにて屋外保存されている。ちょっと意外に思えるのは、遠く離れた下関・幡生工場で改造された車両だということ。まさに国鉄時代ならではのものと言える。

12系・くつろぎ号のテールマーク

和式客車くつろぎ号テールマーク本来テールマーク表示窓がない「12系」を種車としているのだが、後付けタイプのテールマークが用意され、しっかりとデザインされている。

重なり合う扇子と雲、まさに和のテイストで雅な雰囲気が漂っていた。このテールマークも碓氷峠鉄道文化むらにある車両にそのまま残されているので見ることが出来る。ただし、外観を撮影する時に見やすい位置ではないため、もう少し表舞台に立ってくれたらという気持ちになる。

タイトルとURLをコピーしました