鉄道マーク大図鑑発売記念!
プレゼント付きクイズ実施中

応募はこちらから

「さ」で始まる愛称の列車です

特急さざなみ号・新宿さざなみ号◆トレインマーク!

特急さざなみ号の簡単な解説 ◆ 2015年3月14日改正からは東京~君津を結んで下り5本・上り3本設定の特急さざなみ号。これまで東京と君津・館山・千倉を、京葉線・内房線経由で結び、外房線の特急わかしお号とともに房総方面のリゾート特急の...

急行さんべ号◆トレインマーク&データ

急行さんべ号の簡単な解説 ◆ 米子~九州を結ぶ急行列車として1968年10月から活躍し、1997年3月に鳥取~小倉(急行区間は米子~下関)の列車として使命を終えた、山陰本線西部の急行。愛称の由来となったのは島根県中央部にある三瓶山(さんべ...

サロンエクスプレス東京◆トレインマーク

サロンエクスプレス東京の簡単な解説 ◆ 1983年に登場した欧風客車、サロンエクスプレス東京。それまでの団体専用車両と言えば81形お座敷客車などだったが、お世辞にも華やかな外観とは言い難かった。そこで走っている姿からして既成概念を打破した...

寝台特急サンライズゆめ号◆トレインマーク!

特急サンライズゆめ号の簡単な解説 ⇒【関連項目】サンライズ出雲号・サンライズ瀬戸号 ◆ 1998年以来、多客期に運転される臨時寝台特急として、東京~広島(上りは下関発だったこともある)間に運転されてきた寝台特急サンライズゆめ号。首都圏と...

【観光列車】36ぷらす3◆ロゴマーク

36ぷらす3の簡単な解説 ◆ JR九州の7県をぐるりと巡る「36ぷらす3」。D&S(デザイン&ストーリー)列車第12弾として初の電車(787系)で設定され、2020年10月16日に運転開始となる。当初の計画では15日だった...

【観光列車】山明・紫水◆トレインマーク

山明号・紫水号の簡単な解説 ◆ 「山紫水明」シリーズの2両として登場した山明号・紫水号。キハ40系のリニューアルとラッピングにより登場した。「地域と連携して列車を活用した沿線活性化の取り組みを更に進める」事を目的に投入した列車で、観光列車...

夜行普通山陰号◆トレインマーク&データ!

夜行普通山陰号の簡単な解説 ◆1975年~1985年にかけて「山陰」という愛称をつけて京都~出雲市(386.2㎞)を走った夜行列車。下りは11時間44分、上りは10時間15分で結んでいた(1980年)。この種の夜行普通列車に多いことだが、...

特急サロベツ号◆トレインマーク&データ!

特急サロベツ号の簡単な解説 ◆旭川~稚内を結ぶ特急として2往復設定され、特急宗谷号と共通のキハ261系0番代を使用して運転される。 2017年3月ダイヤ改正までは、札幌~稚内を結ぶ特急列車として、国鉄型車両キハ183系で1往復設...

びわこ周遊さくら号◆トレインマーク

びわこ周遊さくら号の簡単な解説 ◆ びわこ周遊さくら号は国鉄末期の1980年代前半に時折設定されたイベント列車。大阪発着で東海道線・北陸線・湖西線のびわこ周遊ルートで愛称そのままの設定だった。 おもに485系を使用して運転され、先頭...

【近鉄特急】さくらライナー◆トレインマーク!

近鉄特急さくらライナーの簡単な解説 ◆ 近鉄・南大阪線と吉野線を走る特急として1990年にデビューした。一足先に名阪特急などとしてデビューしていたアーバンライナーややや遅れて登場した伊勢志摩ライナーがその当時の標準軌区間のエースな...
タイトルとURLをコピーしました