愛称別トレインマーク事典新館へはここからGO!

快速ゲレンデ蔵王号◆データファイル

spur

⇒ 快速ゲレンデ蔵王号のヘッドマーク事典はこちら

快速ゲレンデ蔵王号の簡単な解説

◆2004年から2011年にかけて、東海道本線・大船駅と山形駅を(新宿駅・東北本線・仙山線経由で)結ぶスキー客向け列車として活躍した。1986年にデビューした急行シュプール蔵王号の血筋を引く列車としてスキー列車の最後を飾った。特徴的だったのはゴロンとシート(※)での運転だったこと。583系の特徴を存分に生かしたサービスだったといえるだろう。
※ 寝台に毛布・浴衣・枕・スリッパなどを備えていない。

東北新幹線・八戸開業に伴って廃止された寝台特急はくつる号の583系交直流寝台電車を活用して設定され、2007年以降は団体列車としての運行になった。2011年にこの583系車両が仙台から秋田に転属することになり、現実的に設定困難になり、終わりを迎えた。

※画像提供:Teru-t2様(無断使用厳禁)

快速ゲレンデ蔵王号のデータファイル

【登場時:2004年】運転区間:大船⇒山形 片道のみ

【快速列車として】おもに金曜発で下りのみ運行
2004年1月30日-2月27日
2005年1月7日~3月4日
2006年1月6日~2月24日

【ここからは団体専用列車として】金曜発で下りのみ運行
2007年1月5日~2月23日
2008年1月11日~2月29日
2009年1月9日~2月27日
2010年1月8日~2月26日
2011年1月7日~2月25日
【2011年】2月26日に到着した最終列車で終了。

タイトルとURLをコピーしました