ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

特急しらさぎ号◆データファイル

683系しらさぎ号・新疋田 さ行
683系しらさぎ号・新疋田

⇒ 特急しらさぎ号ヘッドマーク事典はこちら

特急しらさぎ号の簡単な解説

◆名古屋・米原~金沢を結ぶ特急しらさぎ号。2015年3月14日ダイヤ改正にて、北陸新幹線金沢開業に伴う変更として富山・和倉温泉発着が消滅し、上記区間に統一された。また、編成両数もそれまでの5両・8両ではなく6両編成に統一され681系中心の運用に変更。

681系になった特急しらさぎ

681系になった特急しらさぎ

なお、今では富山方面へは北陸新幹線で、能登方面へは特急能登かがり火でという「乗り継ぎ必須」になってしまった。

2003年7月まで485系の国鉄型車両を使用して、カラー・リニューアルしたりもしていたが、2003年3月から導入開始した683系車両がわずか4カ月ほどですべての運用に就くようになって一気にグレードアップした感がある。しかし、それと同時にヘッドマークが完全に姿を消した。

2015年には683系2000番代を直流専用に改造したうえで289系とし、特急こうのとり特急きのさき特急くろしおなどに転用された。

◆特急しらさぎ号データファイル

shirasagi4【登場時:1964年10月1日】  ●運転区間:名古屋~富山
・  ●運転本数:1往復  使用車両:481系(実際には12月25日まで代用車両)
【1968年10月1日改正】1往復増⇒2往復に。
【1971年4月26日改正】1往復増⇒3往復に。
【1972年3月15日改正】寝台特急金星号の間合いで583系電車を投入。1往復増⇒4往復に。
【1975年3月10日改正】2往復増⇒6往復に。エル特急化(=自由席新設)。
・  同時に米原~金沢・富山に特急加越も6往復新設。金沢運転所への運用移管。
・  583系は向日町運転所に移管された。
【1978年10月2日改正】583系の使用を終了。イラスト・ヘッドマークの使用を開始。
【1984年12月12日】食堂車の営業を休止。
【1985年3月14日改正】食堂車連結終了。
【1988年3月13日改正】全列車が名古屋~富山の運転に統一。
【1989年3月11日改正】特急加越の2往復の区間延長により、特急しらさぎ号が8往復に。
【1991年9月1日改正】七尾線電化。1往復を和倉温泉まで区間延長。
【1997年3月22日改正】スーパー雷鳥用付属編成の転用により米原で増解結する列車が登場。
【2001年7月12日改正】スーパー雷鳥用だったパノラマグリーン車を投入し、塗装も変更。
【2003年3月15日改正】4往復に683系投入。
【 同年7月19日】683系に統一。485系の運用終了。
【 同年10月1日改正】特急加越を特急しらさぎに統合。⇒16往復に。
・   米原発着列車を区別するため、50番代以降の付番となる。
・ 上りの1本が平日のみ泊発に。理由はおやすみエクスプレスの運転開始に伴う運用上。
【2004年高山本線水害】特急ひだ号(富山発着)の代替として和倉温泉発着列車から付属編成を1往復富山発着として臨時運転。
【2006年3月18日】レールゴーサービスを廃止。
【2007年3月18日】2号車指定席を禁煙化。
【2008年3月15日改正】泊発列車を「おはようエクスプレス」とし、しらさぎ号は富山発着に再統一。
【2009年6月1日】全車禁煙化。
【2013年3月16日改正】JR東海区間における車内販売を終了。
【2014年9月15日】継続していたJR西日本区間でも車内販売を終了。
【2015年3月14日改正】全列車、金沢発着となる。また、おもに683系ではなく681系を使用するよう変更。

◆特急しらさぎ号のお役立ちサイトご紹介

ボンネット特急しらさぎ●【鉄道模型製作用参考写真集】・・・編成単位ではなく、1車両ごとのサイドビューをとらえた写真集。大きな画像データなので細部に至るまで見て確かめることができる、非常におすすめのサイト。 ●489系しらさぎ-1 485・489系ボンネットしらさぎ-2 485系しらさぎ (7+3両)

●【トレインブックス・国鉄型車両図鑑】・・・形式写真を専門に撮っていらっしゃる方のサイトです。斜めからのアングルで、前面や台車周りを含めてみることができます。 ●しらさぎ用485系

shirasagi5●【座席探訪】・・・列車内の様子を解説してくれているわかりやすい写真集。車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。おすすめです。 ●683系2000番代しらさぎ

タイトルとURLをコピーしました