ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

特急あまぎ号◆データファイル

⇒ 特急あまぎ号のヘッドマーク事典はこちら

特急あまぎ号の簡単な解説

◆ 東京~伊豆急下田を結ぶ特急として、L特急踊り子号が登場するまでの間、急行伊豆号とともに伊豆急行乗り入れ列車という形を築き上げた特急あまぎ号。

その経路は途中まで新幹線と競合するものの、下田や修善寺といったリゾート地まで東京から乗り換えなしで行けるのは魅力であり、そうした需要を開拓したパイオニアともいうことが出来る。特急あまぎ183系

特急あまぎ号の登場は1969年の4月。それまで急行伊豆号として運転していたもののうち特急型車両157系を使用した列車を特急に格上げした際に命名されたもの。しかし、結局急行伊豆号の運転本数の方が特急あまぎ号よりはるかに多いままだった。157系を使用した最後の特急でもある。 画像は1999年のゴールデンウィーク、臨時特急として設定された時のもの。

*** 画像提供:kogane-turbo様

◆お役立ちサイトご紹介

・ 【1980年代国鉄撮影日記】・・・ ●1981年9月25日 183系特急あまぎと185系急行伊豆(根府川駅撮影)

◆特急あまぎ号のデータファイル

【登場時:1969年4月25日】急行伊豆号のうち157系を使用する列車を特急に格上げ。特急あまぎの誕生。
・ ●運転区間:東京~伊豆急下田  運転本数:2往復  使用車両:157系
【1976年3月】157系を183系電車に置換え。自由席を設定開始。
【1981年10月】急行伊豆と共に特急踊り子に統一されて愛称消滅。

イラスト・トレインマーク(幕式)の列車として本州では最初に、全国でも特急いしかりに続いて2番目に消えた。

タイトルとURLをコピーしました