ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

特急かがやき号◆データファイル

⇒ 特急かがやき号のヘッドマーク事典はこちら

特急かがやき号の簡単な解説

北陸新幹線かがやき号のページはこちら

◆1997年まで長岡~金沢・福井・和倉温泉を結んで活躍した特急かがやき号。ヘッドマーク表記には「スーパーかがやき」となっているが正式名は特急かがやき。速達タイプの列車であることが「通称」から伺い知れる。

1988年に2往復新規設定で運転を開始、停車駅は直江津・富山・高岡に限られ、特急北越の速達版の役割を果たしていた。全車指定席で、長岡で上越新幹線あさひ号との接続を考慮したダイヤが組まれていたが、1997年3月22日の北越急行ほくほく線の開業により、その役割を特急はくたかに譲り、愛称消滅となった。

しかし、「かがやき号」の愛称が北陸新幹線の東京~金沢直通列車の「速達タイプ」の列車愛称として18年ぶりに復活した。採用についてのJRからの公式発表がなされたのは2013年10月10日。伝統の愛称と言う訳ではないが、在来線時代から「速達列車」のイメージが残っているため適切な選択と言えるかもしれない。

* 画像提供:teru-t2様,K-office様、kogane-turbo様

◆特急かがやき号のデータファイル

【登場時】1988年3月13日
・ ●運転区間:金沢~長岡  運転本数:2往復  使用車両:485系専用車両
【1989年3月11日改正】2往復増発=4往復になる。
【1991年3月16日改正】
・ 福井~長岡間に1往復増発=5往復になる。
【1992年3月14日改正】グリーン車の連結を開始。また、和倉温泉~長岡間に1往復増発=6往復になる。
【1997年3月22日改正】北越急行ほくほく線開業により廃止。
特急かがやき号・七尾線を行く・ ●運転区間:福井・金沢・和倉温泉~長岡  運転本数:6往復  使用車両:485系専用車両

**************************

【2013年10月10日】愛称が北陸新幹線かがやき号(東京~金沢直通列車(速達タイプ))として復活することが発表された。

【2015年3月14日】北陸新幹線金沢開業。

 

保存

保存

タイトルとURLをコピーしました