【ジョイフルトレイン】クリスタルエクスプレス◆トレインマーク

・スポンサーリンク・
クリスタルエクスプレスのロゴマーク か行

クリスタルエクスプレス・トマム・サホロ

クリスタルエクスプレスの簡単な解説

crystslexp
◆ キハ183系改造のジョイフルトレインとして1980年代につぎつぎと登場した中の5番目。1989年12月に登場して30年間、ちょうど平成を走りぬいてきた車両と言える。垢抜けたデザインにより「老朽化」という印象はあまり受けないが北海道の厳しい気象条件の下であることを考えると本当によく頑張ってきた。ついに終焉の時を迎えることになった。

シルバーを基調とした車体デザインは雪より氷をイメージさせる。この車両はデビュー当時3両編成ですべてハイデッカー構造であったが、後にダブルデッカー車・キサロハ182形を追加投入し、4両編成となった。ちなみにこの当時、気動車のダブルデッカーは初めての試みだった。その後にスーパーとかち号やノースレインボーエクスプレスと、キハ183系のダブルデッカーが続いて登場したことを考えるとJR北海道にとっては試金石のような位置付けだったのかもしれず、成功例と見てよいだろう。

◆クリスタルエクスプレスの引退とラストラン

ラストランは9月28日(土)と29日(日)に、札幌~(滝川経由)~富良野間で行われた。この引退によって2階建て車両キサロハ182形も形式消滅となった。

◆クリスタルエクスプレスのトレインマーク

クリスタルエクスプレスのロゴマークダブルデッカーのキサロハ182形を除く3両に取り付けられているロゴマーク。シンプルで可愛らしい雪の結晶とともにさわやかな青系の濃淡グラデーション、そしてシャープな鋭角の相似重ねが印象的なロゴマーク。

この車両は最近では「フラノラベンダーエクスプレス」、「フラノ紅葉エクスプレス」といった臨時列車に加え、特急北斗の車両不足に対応した代走臨時列車に活躍するケースも見られる。継続的な代走の例としては、2013年の183系エンジントラブルの影響で特急北斗号の定期列車に運休が出た関係で、しばらくの間北斗85号・92号として運転された。

保存

タイトルとURLをコピーしました