ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

海里(かいり)◆データファイル

羽越本線観光列車「海里」ロゴマーク

観光列車「海里」号の簡単な解説

羽越線観光列車海里(かいり)◆2019年10~12月に実施する「新潟県・庄内エリアDC(デスティネーションキャンペーン)」にあわせて投入する観光列車で、新潟~酒田を結んで運行される。笹川流れを始めとした日本海の素晴らしい景観や米どころを多く抱えた庄内平野などを眺めつつ、地元の食材を活用した食事を楽しむこともできる新造車両(4両編成:定員86人)による観光列車だ。デビューは10月5日。お弁当は予約制となっている。

使用される車両はリゾートビューふるさと(JR東日本・長野支社)やリゾートしらかみ・青池編成/橅編成(JR東日本・秋田支社)で使用されるのと同様のHB-E300系でディーゼルエンジン搭載のハイブリッド車両。

列車は金・土休日を中心に、1日1往復運転する。下り=新潟10:12~酒田13:19着、上り=酒田15:02発、新潟18:31着の予定。

※ 画像はJR東日本・新潟支社PRよりお借りしています

観光列車「海里」号の車両について

エクステリアは夕日と新雪のダイナミックな融合をグラデーションで表現しているようだ。

1号車は30席あり、窓側に向けた2人掛けのリクライニングシートを中心にした配置。

2号車は4人掛けのコンパートメントシート。で、8室・32席ある。座席を引き出してフルフラットにでき、足をのばしてくつろげる。

3号車は売店とイベントスペース

4号車は食事を楽しめる2人掛けと4人掛けを備えたダイニング車両となり、24席ある。この車両のみ旅行商品の扱いとなっていて食事などとセットでの購入。

下り列車(酒田行き)では四季折々の日本料理、上り列車(新潟行き)ではイタリアンが提供されるので、往復利用しても新鮮味を楽しめるようだ。新潟の老舗洋食器店「大橋洋食器」によるオリジナルの食器も見どころの一つ。

海里のデータファイル

【登場時:】運転区間:新潟~酒田 (1往復)
・   使用車両:HB-E300系(4両)

【】
【】
【】
【】
【】
【】

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました