ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

特急きりしま号◆データファイル

か行

⇒ 特急きりしま号のヘッドマーク事典はこちら

特急きりしま号の簡単な解説

485_kh◆特急きりしま号。 宮崎~鹿児島中央間に10往復、宮崎~都城(下り)・西都城(上り)、国分~鹿児島中央間に1往復という設定の特急列車として現在も運転されている。(2019年1月現在)

国分発着列車は81・82号、都城(西都城)発着列車には101・102号として付番されている。定期列車での80番代は珍しい例だ。787系特急きりしま

愛称そのものは、583系を使用した山陽路の寝台特急きりしま号として1970年10月~1975年3月まで、その後1990年11月~1994年12月にかけて20系の臨時夜行急行として漢字表記の霧島号が存在した。

485jnr_kirishimaそして現在の区間設定としては1995年に特急にちりん号の南宮崎~西鹿児島(現:鹿児島中央)間を系統分離して特急きりしま号としたのが始まり。その際、同区間を走っていた快速錦江号をも吸収した形となった。2014年9月30日で車内販売サービスが終了し、ますますローカルな特急の印象が強くなった。

国鉄型の485系は2011年3月で終了し、九州新幹線鹿児島ルート全線開業によって余剰車両が多く出た787系などにバトンタッチした。

※画像提供:KOGANETURBO様・Teru-t2様・Yuu200DC様(RED EXPRESS)

◆特急きりしま号のデータファイル

【登場時:1995年4月20日】
・ (特急にちりん号から系統分離して登場)
●運転区間:宮崎~西鹿児島  運転本数:  使用車両:485系
【2004年3月13日改正(九州新幹線部分開業)】
・ 霧島神宮・国分発着列車を新たに設定。
【2006年3月18日改正】付番方式を変更。
・ 宮崎発着列車が1号から、霧島神宮・国分発着列車は101号からとなった。
【2007年3月18日改正】付番方式を再変更。100番台を80番台からとした。
【2008年6月】L特急の種別を廃止。
【2009年3月14日改正】全車禁煙化。
kirishima787-kgn-560x374【2011年3月12日改正】使用車両を485系から783系・787系に変更。
● まとめ⇒宮崎~鹿児島中央(10往復)、国分~鹿児島中央(1往復)、
・ 宮崎~都城・西都城(1往復)、計12往復。
【2014年9月30日】車内販売サービスを終了。自販機の設置にて対応(11月30日設置完了)

◆特急きりしま号の画像集

その次は485系国鉄色の特急きりしま号。Do2編成は車両フロント部のステンレス飾り帯が無かったが、Dk9には取り付けられた。飾り帯が4個ついてるのは、クハ481-200側のみ。クモハ485は上に左右1箇所ずつ取り付けてあった。ちなみに、Dk9は1編成のみのきりしま色(緑)だった。

783kirishima787kirishima
左は787系で、元特急有明編成の4両タイプ。地元の人は「つばめが帰ってきた」と言うこともあるようだが、元つばめ編成は長崎や福岡にいて同一ではない。2011年のダイヤ改正で485系の置き換えとして投入された。鹿児島所属が数編成いる。右は同様に2011年のダイヤ改正できりしま13号等に使用されている783系の5両編成。鹿児島車両センター所属車は無い。

◆特急きりしま号のお役立ちサイトご紹介

・ 【トレインブックス・国鉄型車両図鑑】・・・形式写真を専門に撮っていらっしゃる方のサイトです。斜めからのアングルで、前面や台車周りを含めてみることができます。 ●モハ484形200番代(モハ484-201)

・ 【座席探訪】・・・列車内の様子を解説してくれているわかりやすい写真集。車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。おすすめです。 ●485系きりしま 787系きりしま 783系きりしま

 

保存

保存

タイトルとURLをコピーしました