ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

臨時特急フラノラベンダーエクスプレス◆データファイル

ひ~ほ

⇒ 臨時特急フラノラベンダーエクスプレス号ヘッドマーク事典

臨時特急フラノラベンダーエクスプレスの簡単な解説

◆ 札幌~富良野を結ぶ、ラベンダー観光シーズンの臨時特急、フラノラベンダーエクスプレス。経路は美瑛を含む富良野線経由ではなく、滝川から南下する根室本線経由。秋の時期にはフラノ紅葉エクスプレスとして同じスジで運転される。

フラノエクスプレス、ラベンダーエクスプレスとして運転されたりもしていたが、2004年ごろ(?)からは現在のこの愛称で運転している。利用率も高いようだ。実際、2015年の臨時特急フラノラベンダーエクスプレスにおいては利用者の多さに対する対応として7/18~7/20の間の1・4号で車両を変更、クリスタルエクスプレスから通常のキハ183系5連による運転に変更して定員を112名増加させなければならないと判断された。この車両を期待してチケットを取る人もいると思うのでこの対応はあまり望ましくないとは思うが、それだけ人気があることを示してはいる。

使用する車両はその年ごとにやりくりしてきたが、2017年は旭山動物園号ラッピング車両(同年度に引退予定)とノースレインボーエクスプレス車両。ところが、宗谷本線用のキハ261系0番代に故障が発生し、その代走としてノースレインボー・・・が駆り出されたためキハ183系を使用してしのいでいる。

過去にはクリスタルエクスプレスニセコエクスプレスも使用し、リゾート車両が運用につく印象が強かった。

フラノラベンダーエクスプレスのデータファイル

 

【登場時:2004年頃】札幌~富良野(芦別経由)

【2017年】キハ183系初期車によるラストイヤー。旭山動物園号車両を使用。

その後はノースレインボーエクスプレスやクリスタルエクスプレスを使用したが、クリスタルエクスプレスは2019年で廃止された。

タイトルとURLをコピーしました