ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

特急鳥海・寝台特急鳥海号◆データファイル

寝台特急鳥海・カニ24形100番代 た行
寝台特急鳥海・カニ24形100番代

⇒ 特急鳥海号・寝台特急鳥海号のヘッドマーク事典はこちら

特急鳥海・寝台特急鳥海号の簡単な解説

特急鳥海号・上野駅で1983年◆ 上野~青森を結ぶ特急列車として1982年の上越新幹線・大宮開業時に急行から昼行特急列車に格上げされた特急鳥海号。この際のダイヤ改正では愛称の大変動が起きていた。

実質的には特急いなほ号の区間短縮化に伴って、上野直通の列車を1往復存続させるためにこの「特急鳥海」という愛称が採用されたという方が正しいようだ。(上り列車は旧・いなほ4号の筋を継承)その後1985年に臨時特急に格下げして秋田発着に短縮され、その後一旦運転終了。

寝台特急鳥海ef81

 

しかし後の1990年、今度は寝台特急として再登場し1997年までブルートレインで運転されていた。その間に寝台特急出羽号を統合する形で存続したものの、寝台特急あけぼの号に愛称変更することになり、消滅するという波乱万丈の列車名だった。余談だが、2013年4月27日発でリバイバル運転(ブルートレイン)が行なわれた。

◆特急鳥海号のデータファイル

【登場時:1982年11月15日】特急いなほ号の区間短縮に伴い、旧区間に一往復残った列車を愛称変更。特急鳥海の誕生。
●運転区間:上野~青森(羽越本線経由)  運転本数:1往復  使用車両:485系
【1985年3月14日改正】臨時列車化。上野~秋田に短縮。
【1987年8月】最終運転⇒廃止。(これ以降の運転が確認できていない)

******************************
寝台特急鳥海・カニ24形100番代【1990年9月1日改正】寝台特急鳥海の登場。
●運転区間:上野~青森(羽越本線経由)  運転本数:1往復  使用車両:24系25形 牽引機:EF64-1000・EF81(新津で交換)
【1993年12月1日改正】EF64-1000からEF81に牽引機変更。
【1997年3月22日改正】寝台特急あけぼの号に統合⇒消滅。

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました