特急びわこエクスプレス◆トレインマーク&データファイル!

・スポンサーリンク・
特急びわこエクスプレス号HM

特急びわこエクスプレス号の簡単な解説

◆米原・草津~大阪を結ぶ特急列車。東海道本線のみを走る唯一の特急である、特急びわこエクスプレス号。それまで15年以上にわたり運転してきた「びわこライナー」を、車両のグレードアップに伴って特急化した列車である。平日ダイヤのみ1往復運転し、土・休日は運転しない。回数特急券などの割引乗車券が発売されている。この区間には同時間帯に新快速も走っているが着席が保証されていない上、高い乗車率を誇っているので座席指定の列車は重宝する。車両はまず、681系・683系で、特急サンダーバード号の間合い使用、加えて2014年3月からは特急はまかぜ号のキハ189系も草津発着で設定された。

 

◆特急びわこエクスプレス号のトレインマーク

特急びわこエクスプレス号HM通勤特急として非常に地味な存在ではあるが、681系・683系を使用する愛称幕にはこのようにイラスト・トレインマークの再来を思わせる、ワンポイントデザインが含まれている。これは特急おやすみエクスプレス号にも見られるもので、ちょっとした心遣いを感じて嬉しい気持ちにさせられる。

◆特急びわこエクスプレス号のデータファイル

【ルーツ】1987年10月に「びわこライナー」が運転開始。時刻表では「快速」とも書かれていない。
【1988年3月13日改正】定期列車化

・・・・・・・・・・・・・・・
【登場時:2003年6月1日改正】
・ ●運転区間:米原~大阪  運転本数:1往復  使用車両:681系・683系
・ 新しい車両の導入に伴い「びわこライナー」を廃止、特急びわこエクスプレスとして登場。
【2009年6月1日改正】全車禁煙化。
【2014年3月15日改正】草津発着で1往復増。
・ ●運転区間:米原・草津~大阪  運転本数:2往復  使用車両:681系・683系・キハ189系
【2015年3月改正】 使用車両を683系とキハ189系に。
【2019年3月改正】 通勤特急びわこエクスプレスに愛称を微調整。

保存

保存

タイトルとURLをコピーしました