快速びわこライナー号◆トレインマーク!

・スポンサーリンク・
びわこライナーのHM

快速びわこライナー号の簡単な解説

びわこライナー・ボンネット型HM◆快速びわこライナー号は米原~大阪を結ぶ快速列車で、1988年より「座席指定による快適な通勤」を望む利用者の需要にこたえて登場した列車。同じ区間をカバーする新快速と比較して時間はほぼ同じかやや遅いくらいだが、300円ほどの乗車整理券を購入するだけで着席保証があることが好評たっだ。

2003年に使用車両が485系から681系(あるいは683系:サンダーバードの間合い)へと変更された際に、特急びわこエクスプレスにバトンタッチ。現在も運転されている人気の列車だ。

快速びわこライナー号のトレインマーク

びわこライナーのHM485系、特急雷鳥号の間合い使用で、しっかりとヘッドマークも用意されていた。中央に大きくびわ湖が描かれ、穏やかに揺れる湖面と水鳥の姿が描かれている。この水鳥の種類についてはカイツブリであろうというご意見をいただいた。それは琵琶湖が「鳰の海」という異称でも呼ばれており、鳰(にほ又はにお)というのがカイツブリのことだというのがその根拠であり、その姿の写真を確認したところ間違いなさそうだ。

【停車駅】米原 – 彦根 – 能登川 – 近江八幡 – 野洲 – 守山 – 草津 – 石山 – 大津 – 山科 – 京都 – 新大阪 – 大阪 ということで、後の特急びわこエクスプレスと比較して停車駅の違いは「能登川駅」の一つのみ。所要時間の差も6分と、わずかである。

(比較は1999年・2006年)

タイトルとURLをコピーしました